« No.36 すれ違い | トップページ | No.38 『ヘイワノハル』 »

2008年8月10日 (日)

No.37 悲報

高度の論理性と強烈な個性。
「般若一族」の作品は妖しく不思議な魅力に溢れていました。

私は首氏とお会いしたことはありません。
ただ私がこのサイトを立ち上げる時、最後に背中を押してくれたのは、首氏がホームページを始めたという「パソコン奮戦記」の記事でした。その後は、氏の作品(「ト」の字)を掲載させていただいたり、当方の掲示板にメッセージを頂戴したり、交流とも呼べないささやかなお付き合いではありましたが、ネットの先輩として間違いなく勇気を与えて下さいました。

HP
『般若一族の叛乱』が更新されることはもうないのですね
どうぞ安らかにお眠りください。

|

« No.36 すれ違い | トップページ | No.38 『ヘイワノハル』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No.36 すれ違い | トップページ | No.38 『ヘイワノハル』 »