« No.81 気分は名古屋 | トップページ | No.83 全詰連は変われるか »

2009年5月24日 (日)

No.82 将棋連盟の未来は

■既に風さんのところ(こちら)などで紹介されていますが、全詰連の柳田新会長が、「全詰連会長のブログ」を始められました。20日に開設したばかりで、早くも7本の記事が載っていて(5/23現在)、さすがという他ありません。ところでこの全詰連会長のブログでは、コメント等を受け付けない設定になっています。やはり会長ともなるといろいろと難しいのでしょうね。ただご自身もブログで「本当は詰パラに出てくる人などにはご意見もお聞きしたい」と書かれていますので、双方向のコミュニケーションが取れるような、うまい方法を見つけてほしいものです。

■全詰連は新会長になりました。一方将棋連盟はというと、何やらキナ臭いことになっているようですね。私はその辺りの事情に疎くて、一体何が起きているのか、良く分かりません。ただこのままではどちらも不幸になるばかり。解決の手立てはないのか。将棋連盟はどこへ行くのか。今後の行方に注目しましょう。

■親サイト「詰将棋五十音図」では、現在公開に向けて準備中の伊藤路歩氏「新イロハ詰歌」から、「ト」「モ」「レ」の3作品をアップしました。「新イロハ詰歌」の方は早ければ来週末にも公開の予定です。
ではまた。

|

« No.81 気分は名古屋 | トップページ | No.83 全詰連は変われるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No.81 気分は名古屋 | トップページ | No.83 全詰連は変われるか »