« No. 95 発音しにくい球団名ナンバー1 | トップページ | No.97 「オールカマー」 残心 »

2012年1月27日 (金)

No.96 「玉の会」

114日(土)「玉の会」に参加してきました。
総勢24名と大盛況でしたが、地元(多摩地区)以外の人の方が多かった? 憧れの飯尾氏にご挨拶したところ、氏が高校の先輩であると判明したことが、ワタクシ的には一番の収穫でした。

この日の目玉は「棋書交換会」。なんと『将棋浪漫集』(!)まで登場する豪華ラインナップで、会場は大いに盛り上がりました。
私は『三百人一局集』を提供し、田中至氏の『詰将棋考』をゲット。これ、以前購入したのに紛失してしまい、ちょうど欲しかったんです。ランスさん、ありがとうございました。

なお「玉の会」という名称はあらぬ連想を誘う恐れありとして変更になるようですが、名前はどうあれ、これから長く続いていってほしいものです。

122日(日)は詰工房の例会に参加。
一週間前に「玉の会」があったためか、参加者10名と激減。その中で特筆すべきは初参加の小学校6年生、NF太郎君! ウマくんから出された問題を熱心に(無理やり?)解いていました。
少子高齢化が顕著な我が詰将棋界にとっては希望の星。
来月もぜひまた来てね! 

この日は「オールカマー2011」の表彰も行われましたが、解答者数5名(?)のみ。しかも半数以上はフェアリーのみの解答であり、普通作に対して短評をいただいたのは、わずか一人だけでした。(たくぼんさん、ありがとうございました!)
あまりと言えばあまりの結果であり、今度K子さんにあったら絶対文句を言おう。(と思いつつ、面と向かったらきっと言えない)
そこで次回のこのブログでは、オールカマーに出品した拙作をご紹介します。せめてもの供養に、皆さんの声をお聞かせいただければ幸いです。

|

« No. 95 発音しにくい球団名ナンバー1 | トップページ | No.97 「オールカマー」 残心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No. 95 発音しにくい球団名ナンバー1 | トップページ | No.97 「オールカマー」 残心 »