« No.142 第288回詰工房例会参加報告 | トップページ | No.144 第290回詰工房例会参加報告 »

2014年12月28日 (日)

No.143 第289回詰工房例会参加報告

■12月27日(土)詰工房の例会に参加してきました。
参加者:青○裕一、飯○修、池○俊哉、石〇誠一、岩〇修、馬〇原剛、太〇慎一、大○光一、加○徹、金○清志、金〇タ〇シ、筒〇浩実、利〇偉、原○慎一、深〇一伸、宮○忍、安○嗣治、田中徹 以上18名(敬称略)
※漏れや誤字があったら申し訳ありません。
(今回は名簿を確認し損ねたのでかなり怪しい…)

■年末だけあって、今回は遠方からの参加者が目立ちました。皆さんお楽しみいただけたでしょうか。

■春霞賞候補作の選考は、時間切れになった先月の反省を生かして、3時過ぎからスタートしましたので、今回は余裕を持って作品の紹介が出来ました。
とは言え、「そこで歩合だと?」「香合だと早い順はあるの?」等々、鋭い突っ込みに対応できず、皆さんに助けてもらって何とか凌いでいる状況は相変わらずで、作品の狙いや手の意味を充分理解できていない自分がプレゼンを行うのは、問題ありかも知れません。
誰か代わりにやってくれる方がいるとありがたいのですが…ねぇ、馬〇原さん。

さて、肝心の候補作の方は、短大の金子清志氏作「8連続飛不成」に決定しました。
実を言うと、本命=相馬氏作(デパート)、対抗=相馬・若島両氏の合作、穴=久保氏作(創棋会)、と予想していましたので、正直想定外の結果でした。
金子氏の作品は構想作というより条件作に近いと思っていたためですが、TETSUさんの調査で「8回連続飛生は前例がない」ことが分かると、一気に評価が急上昇。結局、投票で過半数を獲得して堂々の首位となりました。

最近の傾向として、いかに斬新な構想でもそれだけではダメで、ちゃんと狙いが伝わってくるか、全体のまとまりはどうか等、構想単独でなく作品全体の評価が重視されていると言えそうです。

詰パラ 平成26年9月号
短大15 金子清志氏作


8回連続、計9回の飛生は無条件でお見事。最初の2回は無理やり感がありますが、許容範囲内でしょう。
とにかく徹底した飛生の連続で、しかも明快。難しいことを実現しているのに、決してそう思わせない。
皆に支持されるのも当然の快作です。

なお、自分は本作のような条件作に近いものでも、構想作と呼んで差支えないと考えています。
構想作とは、『通常用いられる一般的な詰手筋に比べ、より高級な狙いを含む作品』というのが筆者の勝手な解釈で、遠打や連合、駒の一回転とか邪魔駒消去だって、表現次第で構想になり得ると思います。
皆さんは如何お考えでしょうか?

■5時からはいつもの店で2次会です。

■ところが遠方から来られた石〇さん他数人の方の姿が見えません。
どうやら事前に予定されていたらしく、連れ立って別のところへ行かれたようです。
少々残念でしたが、またの機会を楽しみにしておきましょう。

■今回のキーワード

・スマホ詰パラ
・解答選手権の準備
・駒ひびき
・人狼ゲーム
・ミニ趣向
・生活保護の矛盾
・年賀詰
・将棋魔法陣

等々。
いえ、もちろんこれが全てではありませんが、自分は寝不足気味で途中意識が飛んでいたりしたので、これくらいでお許しを…。


■今年最後の詰工房もこれにておしまい。
来年はいよいよ例会300回の節目を迎えます。

■それでは皆さん、どうぞ良いお年を!

|

« No.142 第288回詰工房例会参加報告 | トップページ | No.144 第290回詰工房例会参加報告 »

コメント

今回は、スピード更新ですね。どうせ、正月に入ってから、と思っていたら、ツイッターで話題になっていて、慌てて、チェックしました。やはり、皆さん、このブログに関心を寄せているんですね。これからもよろしく、アレッ(?)SOSが出ているような・・・。

投稿: 近藤 郷 | 2014年12月29日 (月) 14時33分

毎月、解説お疲れ様です。
いつも好き勝手意見を言って恐縮です(≧w≦;)
解説が難しそうな作品は事前にメールしていただければ準備いたします∪・ω・∪

投稿: 馬屋原 | 2014年12月29日 (月) 16時35分

>>近藤さま

いつもコメントありがとうございます。肉饂飩子さんにもよろしくお伝えくださいませ。


>>馬屋原さま

いえいえ、どんどん好き勝手言ってください。でないと盛り上がりませんから。
それより、困った時にはホントにメールしていいですか? これは心強いです。その時はどうぞよろしく

投稿: 安武利太 | 2014年12月29日 (月) 22時08分

遠慮なくメール下さい。
この前お渡しした名刺に記載のgmail宛にお願いします。

>最近の傾向として、いかに斬新な構想で
>もそれだけではダメで、ちゃんと狙いが
>伝わってくるか、全体のまとまりはどう
>か等、構想単独でなく作品全体の評価が
>重視されていると言えそうです。

最近の傾向はわかりませんが、今回に限って言えば、金子氏作の構想のわかりやすさに軍杯が上がった印象です。
作品全体のまとまりは、他の候補作の方がむしろ高いかもしれません。
私は記録作マニアなので、金子氏作に投票しましたが笑

投稿: 馬屋原 | 2014年12月29日 (月) 23時05分

早速、肉さんに伝えました。お心遣いありがとうございます。実は、ツイッターは、肉さんからの情報です。私は多忙なので、助かっています。

投稿: 近藤 郷 | 2014年12月30日 (火) 00時38分

>>馬屋原さま

確かに、他の候補作はまとまりがないような書き方をしてしまったのは失敗でしたね。反省します。
あと、早速試しのメールを送ってみましたので、よろしくお願いいたします。

>>近藤さま、皆さま

近藤さんと肉さんはいいコンビですねぇ。一心同体というか、一蓮托生というか。。。

なお、1月10日のたま研の新年会ですが、自分は所用で出られません。錚々たる顔ぶれが集まると聞いて残念で仕方ありませんが、よろしくお願いいたします。

投稿: 安武利太 | 2014年12月31日 (水) 16時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No.142 第288回詰工房例会参加報告 | トップページ | No.144 第290回詰工房例会参加報告 »