« No.145 第291回詰工房例会参加報告 | トップページ | No.147 第293回詰工房例会参加報告 »

2015年3月22日 (日)

No.146 第292回詰工房例会参加報告

■3月21日(土)詰工房の例会に参加してきました。

参加者:青○裕一、池○俊哉、岩○修、大○光一、加○徹、金○清志、小○正浩、高○研、近○郷、角○逸、仲○哲男、原○慎一、宮○忍、安○嗣治、柳○明、田中徹 以上16名(敬称略)
※漏れや誤字があったら申し訳ありません。

■今月の例会は当初29日の予定でしたが、解答選手権チャンピオン戦とバッティングしたため、開催日と会場が変更になっています。
そのため、知らずに参加し損ねた方もあるいはいらっしゃるかも知れません。その分、この日は遠方からの参加者も多く、トータルではいつもと同じくらいの人数になりましたが…。
そのうちの一人○○さんは、地元の会合よりも詰工房への参加回数の方が多いのだそうです。これからもごひいきに。

■さて、春霞賞候補作の選考です。
12月号は詰棋校が休みのため構想作の出題が少なく、相馬氏の作品1作のみのエントリーとなりました。で、選考の結果、全員一致で相馬氏の作品が候補作に決定です。

詰パラ 平成26年12月号
デパート4 相馬慎一氏作


12手目と22手目の72飛合が、「態度保留の合駒」。
これに同角生と応じれば、続く飛車打ちに対して歩合で不詰。
また同角成なら、飛車打ちには角合として延命が可能になります。
つまり、いったん態度を保留して飛車を合駒しておき、攻方角の成・生を見届けてから角合か歩合かを決定しようという構想です。
不利合駒の繰り返しにより、趣向的な手順に仕上がっているのもポイントが高く、文句なしの満票獲得となりました。

なお、プレゼンを行うまで自分には「態度保留の合駒」の意味が分からず、グダグダの解説になってしまったことをお詫びします。

■これで、2014年の候補作が出揃いました。来月はいよいよ最優秀作の選出です。

第2回 春霞賞候補作(2014年1月~12月)
1月号  大学院1    若島 正氏作
2月号  短期大学7   鈴川優希氏作
3月号  大学8      武島宏明氏作
4月号      (該当作なし)
5月号  大学15     井上徹也氏作
6月号  B級順位戦4 宮原 航氏作
7月号  短期大学1   若島 正氏作
      デパート5   佐々木浩二氏作
8月号  小学校8    深和敬斗氏作
      デパート4   若島 正氏作
9月号  短期大学15  金子清志氏作
10月号  大学12     宮浦 忍氏作
      デパート5   田島秀男氏作
11月号  短期大学22  若島 正氏作
12月号  デパート4   相馬慎一氏作

■この後はいつもの店で2次会です。

■今回のキーワード

・もうすぐ解答選手権
・詰朗会B組
・ACT
・あの人を呼ぼう
・電王戦
・透明駒
・羽生さんの営業力
・クロナマ
・○○会で何が?
・あの人、何故あんなに時間があるの?
・簡易宿泊所(海老名)
・長期宿泊所(名古屋)
・Yさん
・○○さんコワイ
・2か月後の結果発表は出来る!
・左真樹
等々。

■詰工房は順調に行けば、今年11月に例会300回に到達します。その300回記念の企画について、2次会で話が出たのですが、具体的なものはまだ何も決まっていません。
皆さん、何かいいアイディアがあれば教えてください! どうぞよろしく。

■これを書いているのは3月22日。
昨夜、肉さん宅は梁山泊と化した(らしい)。
某Yさんも遠路やってきた(らしい)。
梁山泊の夜はどんな様子だったのか、どんなアブナイ話が出たのか、興味深いところです。

なお肉さんからは、春霞賞に関して、ネットの活用や対象となる作品の選考基準などについて、ご意見をいただきました。
結局、組織化できるかどうかがカギになるように思います。ご意見ありがとうございました。

ところでYさん、会合が苦手だそうですが、2次会なんかもダメなんでしょうか?

■ではまた。

|

« No.145 第291回詰工房例会参加報告 | トップページ | No.147 第293回詰工房例会参加報告 »

コメント

いつもご苦労様です。キーワードの幾つかは聞き逃していました。助かります。今回久々に参加し、遠方の高坂さんにも会えてラッキーでした。なお、肉さんからの意見の記述がありますが参加者名簿に名前がありません?でもトイレの鏡には映っていたような気もしますが。

投稿: 近藤郷 | 2015年3月23日 (月) 20時32分

近藤さんが見たのは肉さんです。間違いありません。
でも、半人前につき、名簿には載せるに及ばず、と衆議一決いたしましたので、なにとぞご容赦のほど…。

投稿: 安武利太 | 2015年3月23日 (月) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No.145 第291回詰工房例会参加報告 | トップページ | No.147 第293回詰工房例会参加報告 »