« No.155 第302回詰工房例会参加報告 | トップページ | No.157 第304回詰工房例会参加報告 »

2016年3月13日 (日)

No.156 第303回詰工房例会参加報告

228日(日)詰工房の例会に参加してきました。
参加者:青○裕一、飯○修、池○俊哉、伊○三雄、稲○元孝、馬○原剛、大○光一、加○孝志、加○徹、金○清志、金○タ○シ、小○正浩、新○江○弘、芹○修、原○慎一、深○敬斗、安○嗣治、柳○明、山○剛、田中徹 以上20名(敬称略)
※漏れや誤りがあったら申し訳ありません。

■深○さんが初(?)参加。4月から社会人ということで、もしや関東移籍か? と期待したのですが、そうは問屋が卸してくれませんでした。
ぜひまた、出張のついでにでも大井町へお越しください。お待ちしてます。

■もうすぐ解答選手権ということで、柳○さんが大会のチラシを持参されました。今年はチャンピオン戦東京会場の確保が遅れていましたが、それもようやく決まり、準備も整ってきました。
チャンピオン戦(東京)は今月27日、東京タワーの目の前にある「機械振興会館」で行われます。選手としては出場予定のない方もぜひ会場に来て、緊張感に満ちたその空気に触れてみてはいかがでしょう。さらに2次会に参加すれば、滅多に会えないビッグネームやプロの先生方と、お近づきになれる!…かも知れませんよ。

■続いては春霞賞。先月に続き、今月も7作がエントリーする盛況で、しかも詰棋校が期末のためか力作が揃い、高いレベルでの接戦となりました。
投票の結果、大崎壮太郎氏作と馬屋原剛氏作の上位2作が候補作に決定です。

詰パラ 201511月号
高等学校22 大崎壮太郎氏作


復活後好調が続く作者、ブルータス防ぎの中合+森田手筋で登場です。
2手目普通に45桂合では54香、76銀、37歩以下「ブルータス手筋」で早詰。そこで2手目45ではなく54桂合として、37歩を打歩詰に誘導するのが本来の狙いで、その後森田手筋を利用してのまとめは、むしろ必然の流れだったようです。さらに収束では合駒の飛車を動かす完璧な着地を決めており、完成度の高い好局です。
本作の創作過程については、作者のブログ(書きかけのブログ)に詳しく書かれていますので、未読の方は一度ご覧になることをお勧めします。

詰パラ 201511月号
大学13 馬屋原剛氏作


93角打に対し、いきなり84飛、75飛の2段中合が飛び出します。玉方72角を取られないよう、後ろに利く飛車を中合する必要があるためで、こうした後方への利きを活かした連続中合は珍しいのではないかと思います。
大崎氏と馬屋原氏、奇しくも今年からデパートの担当になったコンビの作品が揃って候補に残った訳で、お二人の充実ぶりがうかがえる結果となりました。

■ここで、平成271月~11月までの春霞賞候補作をまとめておきましょう。

1月号  高等学校3 上谷直希氏作
2月号  大学6    若島正氏作
3月号  中学校13  青木裕一氏作
④同    短期大学13 山路大輔氏作
⑤同    大学7     宮原航氏作
4月号  デパート3   青木裕一氏作
5月号  デパート4   武島広秋氏作
 (6月号    該当作なし)
7月号  デパート3  青木裕一氏作
 (8月号    該当作なし)
9月号  大学9     大崎壮太郎氏作
10月号 高等学校18 青木裕一氏作
⑪同    大学10    青木裕一氏作
11月号 高等学校22  大崎壮太郎氏作
⑬同     大学13    馬屋原剛氏作

絶好調青木氏の作品が5作も入っているのが目を引きます。

5時からはいつもの店で2次会です。が、自分は風邪気味だったので、そのまま帰宅することにしました。
2次会の様子を知りたい方がいらっしゃったら申し訳ありません。悪しからずご了解ください。

■☆「今日の BAY バドミントン全英選手権」
男女複、女子単の3種目で決勝進出の快挙! きっと、たくぼんさんも大喜びされているのではないでしょうか。
どちらかというとマイナーな競技なので余り注目されませんが、最近のバドミントン界での日本選手の活躍振りは目を瞠るものがあります。五輪でもメダル期待していいかな?

■今回、更新が遅れてしまったことをお詫びいたします。
考えてみれば、今月の例会はもう来週(!)ではないですか。う~ん、レジメ間に合うのだろうか…。

■ではまた。

|

« No.155 第302回詰工房例会参加報告 | トップページ | No.157 第304回詰工房例会参加報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No.155 第302回詰工房例会参加報告 | トップページ | No.157 第304回詰工房例会参加報告 »