« No. 175 第320回詰工房例会報告 | トップページ | No. 177 第322回詰工房例会報告 »

2017年9月 4日 (月)

No. 176 第321回詰工房例会報告

827日(日)、詰工房の例会に参加してきました。
参加者:青○裕一、飯〇修、稲○元孝、今〇修、上〇直希、馬○原剛、加〇徹、金○清志、久〇紀貴、小○正浩、近○郷、角〇逸、原〇慎一、深〇一伸、柳○明、田中徹 以上15名(敬称略)
※漏れや誤字があったら申し訳ありません。


■まず初めにお詫びから。
短編名作選第345番、新ケ江氏作の解説で、「グレープフルーツサワーが大好き」と書きましたが、これが大間違いで、正しくは「レモンサワーが大好き」でした。
自分は下戸なもので違いがよく分かっておらず、新ケ江さんには大変失礼をいたしました。お詫びして訂正いたします。申し訳ありませんでした。

■来年の全国会は東京(首都圏)開催。最も肝心なのは会場の確保ですが、この日どうやらメドがついたようです。
となると次は企画ですが、そこは若手の皆さんが積極的に取り組んでくれているので、期待して良さそうです。頼んますよ


解答選手権の会場の方はどんな具合でしょうか。

■春霞賞の選考は、高校の大崎氏、短大の若島氏、大学の石川氏、D級の髙木氏の4作がエントリー。
投票の結果、大崎氏作が独走で首位となりました。

詰パラ 20175月号
高校25 大崎壮太郎氏作


中合した飛車を不成移動中合で動かすという高級手筋。
4年前に宮原航氏が同一構想の角版「奇跡の邂逅」(詰パラ20132月号)を発表していますが、飛車版はこれが初めてでしょうか。
物凄い初形ですが、馬〇原さんによれば、これでも「原図と比べるとかなり駒数は減っている」とのこと。原図を見たいような、見たくないような…。

5時からはいつもの店で2次会です。ではキーワードを。

・以前の2次会の店
・つまみ頼まず将棋のみ
・潰れたのは誰のせい?
・「レモンサワーの大」は門脇さんの功績
2点未満3
・合計2000手以上で同人
・短評並べれば解説になる?
・やる意味あるんですか
・ゴールポストが遠くなる
・A級・B級入れ替え戦
4年後は小笠原で
・水戸、つくばは?
・ホテルで2
・前売り券使えば
・リハーサルやるべし
・藤井効果いつまで
・詰棋八段
・贈九段

「全国大会」と「同人室」が話題の中心。
思わず話に聞き入ってしまい、メモを取り忘れたネタが多かったような気がしますが、どうぞ悪しからず。

BAY!」

今日はしのいだけれど、4位転落は時間の問題だろう。
選手層の薄さは如何ともしがたい。

ちなみに現在の主力投手陣はと言うと―

5年目 井納 31
4年目 三上 28才 砂田 22
3年目 山崎 25才 石田 24才 飯塚 21才
2年目 今永 24
1年目 濵口 22

こうして見ると、TBS時代の無策は歴然。何を考えてドラフトしてたんだ?

■ではまた。

|

« No. 175 第320回詰工房例会報告 | トップページ | No. 177 第322回詰工房例会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No. 175 第320回詰工房例会報告 | トップページ | No. 177 第322回詰工房例会報告 »