« No. 180 第325回詰工房例会報告 | トップページ

2018年2月12日 (月)

No. 181 第326回詰工房例会に顔だけ出して帰ってきました報告

127日(土)、詰工房の例会に顔だけ出して、1~2分で失礼してきました。
というのも…。

■この日の午前中は、例によって前夜から引き続きレジメを作成していました。すると徐々に体調が悪化、作業が終わる頃には寒気や全身のだるさ、せき等で最悪の状態に。
でも折角作ったレジメを無駄にするのは忍びなく、何とか大井町まで出掛け、金○さんにレジメを託して早々に失礼させていただいた次第です。
帰宅後はひたすら眠り続けるも、翌日には38度以上の熱が出て、医者に行くと案の定インフルB型との診断でした。

■そのため今回は残念ながら例会の模様をお伝えすることができません。ご容赦ください。

■春霞賞の選考は金○さんが進めていただき、短大の久保紀貴氏作「パラレル」が候補作に決定したとのことです。

詰パラ 201710月号
短大20 久保紀貴氏作 「パラレル」


玉方69馬の14への利きを消すために、攻方は88馬から79馬の順を狙いますが、玉方は77香、66香の連続合でこれを阻止。
ここで47香、同馬と馬を呼んでから66馬と香を取ることにより、もう一度55香合を繰り返したのが作者の工夫。
馬屋原原理の正統進化版とも言うべき傑作です。

■「BAY!」

阪神との練習試合、0-8安打3本で完敗
オフの間、淡い夢を見させてもらったが、これが現実である

昨季広島とは14.5ゲームの大差。一方、4位讀賣とはわずか2ゲーム差だったのを、もう忘れているらしい。
リーグ優勝どころか、定位置逆戻りの方がよほど可能性は高そうだ。

■巷ではまだインフルエンザの流行が続いているようですので、皆さまも感染には充分ご注意ください。
ではまた!

|

« No. 180 第325回詰工房例会報告 | トップページ

コメント

昨年、別の用事があって直ぐに失礼したので入れ違いになってしまった肉の丸太です。私と同じように顔だけ出す、にしてもその姿勢が全く違いますね。体調の方、いかがですか?あまり無理しないようにしましょう。

投稿: 肉の丸太 | 2018年2月17日 (土) 07時13分

丸々1週間休ませてもらったので、すっかり元気回復しました。
ただ、病床にあっても天井の枡目を将棋盤に見立てて創作に励み、傑作を物すのが一流作家。ウチの天井には枡目がないから創れない、と言い訳する自分は三流以下ですね(笑)。
皆さまもどうかお身体お大事に。

投稿: 安武利太 | 2018年2月17日 (土) 17時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No. 180 第325回詰工房例会報告 | トップページ