« No. 192 第336回詰工房例会報告 | トップページ

2018年12月31日 (月)

No. 193 第337回詰工房例会報告

1223日(日)詰工房の例会に参加してきました。
参加者:青○裕一、稲○元孝、岩○修、沖○幸、加○孝志、梶○迪、加○徹、金○清志、金○タ○シ、北○和美、久○紀貴、小○正浩、新○江○弘、角○逸、芹○修、利○偉、野○碧、深○一伸、宮○忍、柳○明、山○剛、田中徹 以上22名(以上敬称略)
※漏れや誤字があったら申し訳ありません。

■今年最後の例会は20人超と賑やかな一日になりました。新○江さんが久し振りの参加です。

■野○君が4回連続の参加。約束通り作品集「続けむり」(リコピー版)を贈呈しました。
この日は彼が新作を披露し、数人で攻略に取り組むという構図で、一番の人気コーナーになっていました。
最も盛り上がっていたのは○○煙の解図の時で、おかげで春霞賞の選考会を始めるタイミングが掴めず、開始が遅れてしまいました。
それにしても野○くん、創作を始めて半年足らずで全駒煙を完成させると、その後も着実にステップアップを続けており、どこまで伸びるか想像もつきません。
煙が一段落したら次は超長編に挑戦したいのだそうで、最長手数の更新なるか、今から楽しみです。

■今回の春霞賞は当初ノミネート作品なしでしたが、短大の広瀬稔氏の作品は構想作で良いのではないか、とのご意見があり、投票の結果ほぼ満票で、広瀬氏作が候補作に決定しました。

詰パラ 20189月号
短大11 広瀬稔氏作


7
手目最初の桂馬を35に打ちます。すると以後4手置きに4回連続で35桂捨てを繰り返すという、手品のような手順が展開されます。駒数こそ多いものの、難しい変化もなく、シンプルな意味付けで成立していることに驚かされます。
常に斬新な狙いを持った作品で私達を楽しませてくれる作者の特徴が良く現れた傑作です。

■注目作の紹介は駆け足になってしまいましたが、何とか時間内に終了。
その中から、スマホ詰パラで発表された有吉弘敏氏の作品をご紹介します。

スマホ詰パラ 201811
No.12046 有吉弘敏氏作


これ半期賞獲っても不思議じゃないでしょ!

5時からはいつもの店で2次会です。
いつもの通り、キーワードを知りたい方は、hirotsumeshogiさんのブログ、「詰将棋の欠片」で紹介されていますので、未見の方はぜひそちらのブログでご確認ください。
自分は一足早く1時間半ほどで撤収です。

■あと3時間ほどで平成最後のお正月です。
どうぞ皆さま、良いお年を!

|

« No. 192 第336回詰工房例会報告 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No. 192 第336回詰工房例会報告 | トップページ