« No.215 春霞賞候補作紹介 2019年10月号 | トップページ | No. 217 春霞賞候補作紹介 2019年11月号 »

2020年3月 1日 (日)

No. 216 第351回詰工房例会報告

223日(日)詰工房の例会に参加してきました。
参加者:會○健大、青○裕一、荒○貴道、池○俊哉、稲○元孝、馬○原剛、大○孝、沖○幸、金○清志、金○タ○シ、小○正浩、竹○健一、太○岡甫、深○一伸、渕○上悠、細○吉嗣、宮○敦史、柳○明、田中徹 以上19名(敬称略)
※漏れや誤字があったら申し訳ありません。

■小学生の渕○上クンが初参加。
楽しんでもらえたでしょうか。また遊びに来てください。

■やはり気になるコロナウィルスの感染拡大。
例会の席でも解答選手権に向けて、色々と対策が話し合われていましたが、残念ながら、本日チャンピオン戦の中止が発表になりました。
様々なイベントやスポーツの大会で自粛が相次ぐ中での、苦渋の決断だったと思います。

感染拡大防止に積極的な姿勢をアピールしたい安倍総理ですが、今回の「要請」はどうだったか。
学校だけ休みにしたって、感染が止まるとは考えにくい。国民の間に一気に自粛ムードが広がるという効果はありましたが…。
一体いつになったら収束することやら。

3時少し前、春霞賞の選考会開始です。
進行役の太○岡さんによる解説の後、投票に移ります。
そして候補に残ったのが、これ。

大学院10 田島秀男氏作

内容については、別頁にてご紹介します。

■続いて、スマホ詰パラから2局ご紹介します。

スマホ詰パラ 20201
No.14161 わかば氏作


19手目34龍が渋い一手。21玉には11歩成~14龍、22玉なら14桂~35角成の筋があって、ピッタリ捕まります。
対する33歩合が、同龍なら21玉で打歩詰を見た好防手。収束はいかにも変長や非限定がありそうに見えて、どうやら割り切れているようです。
比較的簡素な形からの、意外性のある攻防が見所です。

スマホ詰パラ 20201
No.14171 aaa太刀岡氏作 「ヘンゼルの道しるべ」


角不成による連取りと馬鋸の組合せは珍しくありませんが、本作は2つの趣向がシームレスで繋がっているのが大きな特徴。
盤面鶯図式に始まり、粘りある収束も力強く、記憶に残る一局です。

5時からはいつもの店で2次会です。自分は寝不足と娘のお迎えがあったため、そのまま失礼させていただきました。

■この日の模様について知りたい方は、例によってhirotsumeshogiさんのブログ、「詰将棋の欠片」をご覧ください。

■次回の詰工房は321日の予定。もしやこちらも中止だなんてことは…?

■ではまた。

|

« No.215 春霞賞候補作紹介 2019年10月号 | トップページ | No. 217 春霞賞候補作紹介 2019年11月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No.215 春霞賞候補作紹介 2019年10月号 | トップページ | No. 217 春霞賞候補作紹介 2019年11月号 »