« No.229 第359回詰工房例会報告 | トップページ | No. 231 第361回詰工房例会報告 »

2020年11月24日 (火)

No.230 春霞賞候補作紹介 2020年7月号

詰パラ20207月号の春霞賞候補作を紹介いたします。

■短期大学3 青木裕一氏作
2種類の合駒による馬屋原手筋


54銀生、73角合、同龍、63桂合、同龍、53桂合、23銀成、34玉、
24成銀、35玉、34成銀、同玉、23角、33玉、53龍、同龍、
45桂、22玉、34桂、31玉、32角成、同玉、22香成
まで23手詰

會場健大-異なる種類の駒による不規則?馬屋原手筋。一見魔法のような手順だが、86金を巡る攻防が理解されると今度は幾何学的な味わいに印象が変わる。
太刀岡甫-馬屋原手筋の派生。駒種を変えただけでなく、同じ意味付けで駒種の異なる中合が出てくるのが面白い。95と75に引かせなくないが83にも呼びたくないという状況を金1枚で実現しているのがきれい。
馬屋原剛-2枚目の中合も角にした方がインパクトがあると思ったのだが、同じ意味付けで異種の連続中合をするのが作者の狙い。だが、若島作(盤上のファンタジア53番)の原図の紛れの逃れ順に67桂〜57桂〜37角の三段中合があるので、新味は感じなかった。
久保紀貴-同一の目的で異種類の合駒が飛び出す連続合。連続合に複数種の合駒が混ざるのは新しいと思っていたが、馬屋原さん指摘の若島作があったか。とはいえ馬屋原手筋(と呼ばれている連合原理。なんで手筋?)でやったのは初ということで、一歩踏み込んだ作品になっているのは間違いない。

※異なる駒種の連中合は、縦型なら良く見掛けますが、横型では珍しい。本作は、それを横型の馬屋原手筋で実現したことに意義があります。
合駒に情熱を燃やす作者ならではの一局です。


<参考図①>
詰パラ2015年11月号 馬屋原剛氏作


93角、84飛合、同角成、75飛合、同馬、46玉、55銀、同玉、
54飛、同玉、44飛、63玉、64馬、62玉、73銀、71玉、
82銀生、62玉、73馬、53玉、45桂、同角、64馬、62玉、
73銀生、71玉、41飛成、61桂合、同龍、同玉、62歩、71玉、
83桂、81玉、82銀成 まで35手詰

※93に打った角は、82角成~72馬として、敵方の角の入手を目論んでいます。そこで84飛中合で82角成を防ぎますが、同角成の後、73馬~72馬でやはり角を狙われるため、更に75飛中合が必要になります。
これが従来になかった新しい中合原理で、その後「馬屋原手筋」と名付けられました。


<参考図②>
近代将棋1979年12月号 若島正氏作 (恋唄第38番)  ■塚田賞


(A)9737歩合、同馬、17玉、38馬、57歩合、同飛、37角合、
同飛、26玉、27飛、15玉、24銀打、14玉、15歩、同と、
同銀、同玉、24銀生、14玉、13銀成、同玉、22角、14玉、
15歩、同玉、33角成、同銀、16歩、同玉、17
 まで31手詰

(A)87飛なら、37桂合、同馬、17玉、38馬、77桂合、同飛、67桂合、同飛、57桂合、同飛、37角合以下、歩が入手できず不詰

※馬屋原さんのコメントにある、「若島作(盤上のファンタジア53)の原図の紛れの逃れ順」とは、上記(A)の順を指します。
この逃れ順の中合原理は、山田修司氏の塚田賞受賞作、四桂連合と同じで、9段目に高価な合駒を請求されるのを防ぐため、というもの。一方馬屋原手筋は、質駒を取られないようにするためで、同じ中合でも構造は異なりますが、どれだけ新しさを感じるかは人それぞれですね。


<参考図③>
盤上のファンタジア 第53番 若島正氏作
(上記参考図②の改作図)


97
36玉、37飛、26玉、38飛、16玉、25銀、同玉、
28飛、14玉、58馬、47桂合、同馬、同歩成、23銀、13玉、
25桂、23玉、33桂成、14玉、23飛成
 まで21手詰

※参考図②の改作図。初手87飛に対する逃れ順を含みとした飛車の最遠移動は原図と同じですが、その後の展開は全くの別物になっています。あの塚田賞作がこうなるのか、と驚くほどの変わりようですが、作者の詰棋観の移ろいを反映したものと推察します。

|

« No.229 第359回詰工房例会報告 | トップページ | No. 231 第361回詰工房例会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No.229 第359回詰工房例会報告 | トップページ | No. 231 第361回詰工房例会報告 »