« No.239 第8回春霞賞(2) 表彰 | トップページ | No.241 春霞賞候補作紹介 2021年1月号 »

2021年5月31日 (月)

No.240 第8回春霞賞(3) 受賞作一覧・類似指摘

■第1回から第8回までの、全ての受賞作を一覧にまとめましたので、ご参照ください。

春霞賞受賞作一覧 
ダウンロード - e4b880e8a6a7.pdf



■今回の大賞受賞作に関連して、「おもちゃ箱」の管理人TETSUさんより、下記の図があるとお知らせいただきました。

おもちゃ箱 2018年8月
くるくる展示室362 やよい氏作 (受方持駒なし)

Kt362

 

96馬、63桂、42金、53玉、97馬、75桂、43金、54玉、
98馬、87桂生、44金、55玉、99馬、同桂成、45金、56玉、
65銀 まで17手詰

■確かに手順を見る限り、宮原作と良く似ています。しかし、本作の桂合は単純な移動合ですが、宮原作は移動中合での桂跳ねを実現しています。何もない空間に桂馬が跳ね出していく様こそ、宮原作最大の見所となっていて、この付加価値はかなり大きなものと言えます。
何より、本作が「受方持駒指定(持駒なし)」という特殊な条件下での創作であることを考慮すれば、宮原作の価値は不変と考えて良いでしょう。
ただ、本作は(馬引きには桂跳ねしか応手がないものの)結果として9段目に利かせるための桂跳ねにもなっていること等から、やよい作の業績も決して遜色なく、宮原作と併せて、歴史と記憶に留めておくべきであると考えます。
受方持駒指定など、条件付きの作品はまだ充分認知されていないので、こういう場合、不利に働いてしまいますね。 やよい氏の実力なら、条件付きでなくても普通に図化できたのではないかと思うのですが、その点ちょっと残念な気もします。

 

 

 

 

 

■ではまた。

 

 

|

« No.239 第8回春霞賞(2) 表彰 | トップページ | No.241 春霞賞候補作紹介 2021年1月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No.239 第8回春霞賞(2) 表彰 | トップページ | No.241 春霞賞候補作紹介 2021年1月号 »