« No.236 第364回詰工房例会報告 | トップページ | No.238 第8回春霞賞受賞作発表 »

2021年5月 3日 (月)

No.237 第365回詰工房例会報告

3月の例会報告に引き続き、4月の例会の報告です。

424日(土)詰工房の例会に参加してきました。
参加者:會○健大、青○裕一、井○徹也、馬○原剛、沖○幸、金○清志、久○紀貴、小○正浩、新○江○弘、芹○修、竹○健一、太○岡甫、松○成俊、宮○敦史、田中徹 以上15名(以上敬称略)
※漏れや誤字があったら申し訳ありません。

■いよいよ第8回春霞賞決定の日を迎えました。
春霞賞の運営を4人の若手実力作家に引き継いでから2年、つくづく感じるのは、彼らの知見の高さと過去作への造詣の深さです。
春霞賞の選考基準が「構想の新しさ」である以上、発表済みの作品についてある程度把握していなければ、正しい選考は出来ません。筆者が候補作の選考を行っていた頃はそれが最大の弱点でしたが、その点今は全く心配いりません。これは大きな前進です。
更に作品のプレゼンにおいても、筆者と現在のスタッフとでは、作品の理解度において歴然とした違いがあります。
素晴らしいメンバーが引き継いでくれて、本当に助かりました。心から感謝します。

選考会は15時過ぎにスタート。進行役は久し振りの久○さん。今年も大接戦で、わずかな差で大賞1局と佳作3局が決まりました。
受賞作は詰パラ誌上で発表されますが、今回はその前にネット上で公開してしまおうかと考えています。いずれにしても、発表までもうしばらくお待ちください。

■第8回の受賞作選考が無事終了した後は、第9回春霞賞の選考です。まずは1月号の候補作選出から。

<詰パラ2021年1月号候補作>
入選100回記念1 馬屋原剛氏作

内容については、別頁にてご紹介します。

■続いては注目作の紹介からピックアップ。

①詰パラ 2021年1月号
入選100回記念2 馬屋原剛氏作

202111002

51飛成、52銀58金、69玉、62龍、63銀68金、59玉、
53龍、54銀58金、69玉、64龍、65銀68金、59玉、
55龍、56銀58金、69玉、66龍、67銀成68金、59玉、
55龍、49玉、59金、39玉、35龍、28玉、37龍、18玉、
17龍 まで33手詰

作者が高校時代に着想したという手順を、遂に図化に成功。文字通り夢のような手順が展開されます。
改めて同人入り、おめでとうございます。


②詰パラ 2021年1月号
デパート5 馬屋原剛氏作

202115

75飛、56玉、57と、同玉、48馬、56玉、76飛、45玉、
46飛、34玉、36飛、23玉、26飛、32玉、22飛成、41玉、
21龍、31飛合、同龍、同玉、51飛、41飛合、同飛成、同玉、
61飛、51飛合、同飛成、同玉、71飛、62玉、73飛成、51玉、
71龍、61飛合、同龍、同玉、41飛、62玉、71飛成、53玉、
73龍、63飛合、同龍、同玉『A』
83飛、74玉、73飛成、65玉、75龍、56玉、66龍、45玉、
46龍、34玉、36龍、23玉、27龍、32玉、22龍、41玉、
『A』
83飛、74玉、73飛生、65玉、75飛生、56玉、57歩、66玉、
67歩、同玉、59桂、66玉、56歩、同玉、76飛、45玉、
46飛、34玉、36飛、23玉、26飛、34玉、25金、23玉、
35金、32玉、22飛成、41玉、
『A』
83飛、74玉、73飛成、85玉、75龍、96玉、95龍、同と、
97金、同玉、88金、96玉、97歩、85玉、75馬、94玉、
93銀成 まで161手詰

まるで「馬屋原さん特集」ですが、どちらも外せない作品です。
出だしは普通の龍追いですが、従来の龍追い作品と大きく異なるのは、龍追いが途中から飛車追いに変わること。飛車から龍ならともかく、龍から飛にバトンタッチというのはほとんど記憶に有りません。
常に記録や新しさを追究し続ける作者らしい趣向作です。


③スマホ詰パラ 2021年3月
No.16266 天の川氏作

16266_202103

41角、同玉、52銀、同玉、53銀成、同玉、54飛、43玉、
52角、32玉、23銀、同玉、34金、32玉、33歩、同桂、
23金、同玉、41角成、32桂合、35桂、22玉、24飛、同桂、
23桂成、21玉、31馬、同玉、32銀 まで29手詰

3手目52銀が想定外の一手。同玉に対し、53銀成~54飛という攻め筋が見えないと、とても決断できない難手になっています。おそらく逆算によるものと推察しますが、自然な配置で手順にも強引なところがなく、見事な逆算と言う他ありません。
合駒を動かし、攻方の大駒を消し去る収束も鮮やかで、実戦型の傑作と思います。


④スマホ詰パラ 2021年3月
No.16376 パスファインダー氏作

16376_202103

9726玉、27飛36玉、21飛成18香成、27龍 
まで7手詰

昨年詰パラで発表された藤原俊雅氏作の5手詰(半期賞受賞作)をベースにした7手詰。藤原作は飛車の横最遠移動スイッチバックがテーマでしたが、本作は飛車を横と縦に動かそうというもの。欲張っている割に配置に全く無理がないのは、流石です。
藤原作の正統発展形として記憶しておきたい作品です。


<参考図>
詰パラ2020年11月号 藤原俊雅氏作  ■半期賞

20201122

97飛26玉、36金、同飛、27飛 まで5手詰


■例会終了後、自分はここで離脱しました。安心して二次会が出来るようになるのはいつのことか。全く先が見通せない状況に、ストレスが溜まりますね。

■この日の模様について知りたい方は、例によってhirotsumeshogiさんのブログ、「詰将棋の欠片」をご覧ください。

■ではまた。

|

« No.236 第364回詰工房例会報告 | トップページ | No.238 第8回春霞賞受賞作発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No.236 第364回詰工房例会報告 | トップページ | No.238 第8回春霞賞受賞作発表 »