« No. 249 第370回詰工房例会報告 | トップページ | No. 251 第371回詰工房例会報告 »

2021年10月26日 (火)

No.250 春霞賞候補作紹介 2021年6月号

詰パラ20216月号の春霞賞候補作をご紹介します。
また、今回も発表が遅れましたことをお詫び申し上げます。

■創棋会3 則内誠一郎氏作    
◇不利逃避のための合駒

202163_20211026223201

76香、同桂、53馬、64歩合、同馬、同角、74飛、65玉、
64飛、75玉74飛、85玉、94角、同飛、86歩、95玉、
94飛、同玉、95歩、同玉、85飛、94玉、83飛成、95玉、
85龍 まで25手詰

會場健大-角の利きを消したいために、将来飛車の通り道になる場所に角を移動させて拾ってもらうべく落としておく64歩。不利逃避のために受け駒を移動させておく構想はおもしろい。
馬屋原剛-ありそうでなかった不利逃避の新手法。シンプルに出来ている。不利逃避にはまだまだ可能性があると感じた。
久保紀貴-後の不利逃避で取らせることができるよう角の位置を調整するための合駒という構想は素直に面白いと思った。 普通に作ると53同角の変化では65玉と逃げられて詰まなくなってしまいそうだが、74飛の利きをうまく使って切り分けているのも好印象。
太刀岡甫-不利逃避に向けて角位置を変える歩合。駒を沢山もらう構想は視覚的にも楽しい。

※玉方は、42角の86への利きを消して打歩詰に持ち込みたい。そこで4手目同角とせず、64歩合として、角を53ではなく64に持っていきます。そのうえで10手目75玉とよろければ、見事、角の消去に成功します。
不利逃避にはまだまだ魅力的な鉱脈が埋もれているようです。


<参考図>

①詰パラ2019年12月号 大崎壮太郎氏作    
◇不利逃避のための合駒

2019123

44飛引成、26玉、35龍、同玉、44角、36玉、34飛、35桂合
同飛、26玉15飛、36玉、35飛、47玉、39桂、同歩成、
38角、同と、48歩、同と、56銀、46玉、47歩、同と、
55銀 まで25手詰

※8手目の捨合によって攻方の飛車を35へ誘ったところで、26玉として15馬を取らせるのが不利逃避。攻方の「取り駒の位置を換える」ことで不利逃避を実現するもので、「取らせる駒の位置を換える」則内作と好一対をなす作品です。


②詰パラ2020年12月号 馬屋原剛氏作    
◇不利逃避のための合駒

2020123

54金、同玉、64金、43玉、54銀、34玉、25銀、同香、
38飛、37銀合、同飛、同馬、35銀、23玉、13歩成、同玉、
44銀、46馬、14歩、23玉、33銀成、同玉、31飛、44玉、
45歩、同馬、53銀生、43玉、32飛成 まで29手詰

※前の2作は、取る駒、または取らせる駒の位置を調整するための合駒でしたが、本作は、攻方が入手する合駒自体の種類を変えることによって、不利逃避に持ち込もうというもの。三者三様の面白さがあります。

|

« No. 249 第370回詰工房例会報告 | トップページ | No. 251 第371回詰工房例会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« No. 249 第370回詰工房例会報告 | トップページ | No. 251 第371回詰工房例会報告 »