詰工房例会報告

2022年4月11日 (月)

No. 261 第376回詰工房例会報告

320日(日)詰工房の例会に参加してきました。
参加者:青○裕一、井○徹也、馬○原剛、金○清志、久○紀貴、小○正浩、澤○友太、新○江○弘、芹○修、竹○歩美、竹○健一、寺○旺恭、利○偉、深○一伸、松○成俊、宮○敦史、山○剛、田中徹 以上18名(以上敬称略)
※漏れや誤字があったら申し訳ありません。

■今回が2度目の「大田区産業プラザ」でしたが、1階の大ホールで「スーパーヒロインタイム」なるイベントが行われていて、目をパチクリ。これがいわゆる「コミケ」と呼ばれるものなのでしょう。
前回例会に使った部屋が更衣室になっていたので、コスプレイヤーも集まっているはず。ということで、このままイベントに参加したい! という誘惑に負けそうになったことはナイショです。

■詰工房が予約制になってから、春霞賞のレジメの印刷枚数は、予約の人数を参考にして決めています。今回は10人少々と見込んでいたのですが、会場に入ると、思いのほか人数が多い。しかも時間とともに増えていくので、これではレジメが足りなくなると焦りましたが、何とかギリギリ間に合って、ひと安心しました。
参加人数が多い時は、竹○さんか近○さんが来られていると考えてほぼ間違いありません。今回は、竹○さん父娘に寺○さん母子、そして澤○君という竹○チームの参加によって、女性参加率向上と平均年齢の引き下げに大きく貢献しました。特に寺○旺恭(おうすけ)君は小学校2年生とのことで、もしかしたら詰工房参加者の最年少記録かも?(なお寺○君の母君は、上記の参加者名一覧には記載しておりませんので念のため)。

■春霞賞の選考の時間になり、司会者として登場したのは何やら見慣れぬ青年…と思ったら、何と久○さん! 
眼鏡してないし、チョッと見まるで別人。心境の変化か? でも作風は変えないでね。
さて、今月のノミネートは5作。接戦を抜け出したのは――。

詰パラ 2021年12月号
デパート4 野曽原直之氏作

詳しくは別稿にて。
これですべての最終候補作が決まりました。4月の例会で、いよいよ第10回目の春霞賞が決定します。

■注目先の中から、いくつかご紹介していきます。

詰パラ 2021年11月号
大学院10 岸本裕真氏作 「三鈷峰」

20211110_

38金、同玉、47歩、48金合28と寄、同香成、同と、39玉、
69龍、28玉、29香、38玉、27銀、47玉、57と、同玉、
56と、同玉、55金、同玉、58香、同金、同龍、64玉、
67龍、65香合53銀生、63玉、73金、同と、65龍、72玉、
73と、81玉、82歩、91玉、83桂、同金、92香、同玉、
83と、同玉、84金、同玉、61歩成、73桂合、同角成、同玉、
75龍、83玉、86龍、85角合75桂、84玉、95金、73玉、
64銀成、72玉、63桂成、61玉、52成桂、同角、62歩、72玉、
76龍、74桂合73香、82玉、93歩成、同玉、84金、82玉、
72香成、同玉、73金、71玉、63桂、同角、61歩成、同玉、
62金、同玉、63成銀、同玉、52角、54玉、74龍、55玉、
44龍、同玉、45飛、34玉、35飛、24玉、36銀、26桂合
16桂、14玉、15飛、同玉、26と、14玉、25銀、同桂、
同と、13玉、12と、同玉、11と、同玉、21歩成、同玉、
13桂、11玉、12歩、同玉、24桂打、同歩、同桂、23玉、
22角成、同玉、32桂成、12玉、22成桂、同玉、34と、24歩合
21桂成、同玉、31桂成、11玉、21成桂、同玉、24香、23銀合
43角成、11玉、12歩、同銀、21香成、同銀、同馬、同玉、
32銀、11玉、12歩、同玉、23と、11玉、21銀成、同玉、
32香成、11玉、22と まで155手詰

「六種八合煙」。惜しくも七種合を逸しましたが、作意手順を追ってみれば、七種合かどうかなど、些末な問題でしかないと納得されるはずです。
新○江さんもこの収束を使って煙が出来ないか考えたことがあるけれども、果たせなかった由。それだけに、本作の収束、とりわけ29香に対し3度の中合を実現させた手腕を、高く評価されていました。
序盤で29香・27銀をセットしておく逆算の妙、盤面左上での粘りある攻防、更には自然に湧き出してくる合駒の数々…。
もはや神懸かり。形容すべき言葉が見つかりません。


詰パラ 2021年12月号
デパート3 山田康一氏作

2021123

29香、28香合、同馬、26玉、27香、15玉、37馬、26香合、
同馬、24玉、25香、13玉、35馬、24香合、同馬、22玉、
23香、31玉、13馬、41玉、31馬、同玉、21香成、同角、
22香成、41玉、42歩、51玉、62歩成まで29手詰

29香に対し、まず28香合。次いで27香に26香合、25香に24香合と、2筋で香打+香捨合を3回繰り返すのが楽しさ満点の手順。さらに23香と打って、2筋に4枚の香が並んだ様は圧巻で、強く印象に残ります。
収束も過不足なくまとまっていて、非常に好感度の高い軽趣向作です。


スマホ詰パラ 2022年2月
No.18001 19枚目の歩氏作

18001_19202202

44銀、54玉、55銀引、53玉、64と、同と、同銀、54玉、
55銀引、53玉、44銀、54玉、43銀生、53玉、52と、同金、
同銀成、同玉、53歩、同玉、63金、54玉、64
まで23手詰

初形ハートの曲詰。45銀を445564と展開したかと思うと、今度は645544とスイッチバック。さらに味良く43銀生と突っ込み、スッキリした収束につなげます。
小駒図だけに派手さはありませんが、攻方銀の軽快な運用が光る好作で、初形曲詰の一つの収穫と言えるでしょう。


スマホ詰パラ 2022年2月
No.18071 瓶子吉伸氏作

18071_202202

43金、同玉、45香、同と、42飛、53玉、62銀、同飛、
45飛成、42飛、同馬、62玉、53馬、同玉、51飛、52歩合、
54龍、42玉、52飛成、31玉、32歩、22玉、24龍、23銀合、
34桂、同銀引、31歩成、同玉、34龍、32金合、42銀、22玉、
33銀成、11玉、12歩、同銀、22成銀、同金、31龍、21金、
22龍寄 まで41手詰

10手目42飛の移動捨合が、おそらく創作の出発点と推察します。普通なら、ここから30手も掛かってしまったら失敗作と相場は決まっていますが、本作は例外。
2枚龍の寄せに、23銀合、32金合と頑強に抵抗。攻方も42銀~33銀成~22成銀と、巧みな銀の活用で、最後は予想外の清涼詰になります。
全編を通して白熱の攻防が素晴らしく、作者実力発揮の力作です。


詰将棋メーカー 2022年2月 
munetoki氏作

Munetoki_20222_13

23桂、22玉、34桂、同角、31飛成、13玉、22龍、同玉、
33金、同桂、31角成、23玉、35桂 まで13手詰

4手目の局面で、33飛が邪魔駒化しているのが意外な展開。ここから飛車を消した後の33金が、この一手の好手。金を残したい心理を巧みに衝いた決め手で、最後は気持ちの良い桂吊るしの詰上り。今や詰将棋メーカーを一人で支えている感のある、munetokiさんらしさ満開の好作です。

■この日も例会終了後は、無理をせず撤収。帰りの電車の中では、再び爆睡してしまい、またまた乗り過ごす結果に。しかも降りた駅も先月と一緒。でも、今回も気持ち良~く熟睡したので、幸せです。

■この日の模様について知りたい方は、例によってhirotsumeshogiさんのブログ、「詰将棋の欠片」並びに、まっつぁんこさんの「あーうぃ だにぇっと」をご覧ください。

■ではまた。

| | コメント (0)

2022年3月19日 (土)

No. 259 第375回詰工房例会報告

220日(日)詰工房の例会に参加してきました。
今回、参加者名簿の写しを撮るのをうっかり忘れてしまったようで、申し訳ありません。
出席者を確認したい方は、詰パラ4月号に会合案内が載るはずですので、そちらをご覧ください。
恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

■詰工房と言えば、大井町の「きゅりあん」が定番でしたが、リニューアルのため、1年ほど休館となり、今回は京急蒲田駅からほど近い、「大田区産業プラザ」に会場を移しての開催です。今のところ、6月までは同じ会場で開催予定となっています。
ここは以前、解答選手権が行われた場所で、アクセスも「きゅりあん」に劣らず良好です。

15時を過ぎて、そろそろ春霞賞の選考の時間でしたが、司会の會○さんの到着が遅れるとのことで、先に注目作の紹介をすることになりました。
ここでちょっと困ったことが発生。プロジェクターを使うために部屋を暗くしようとすると、すべての照明が落ちてしまい、ほとんど真っ暗になってしまうことが判明したのです。「きゅりあん」では、部屋の半分だけ照明を消すことができたのですが、どうやらこの会場は全点灯か全消ししかないらしく…。
仕方なく、照明を落として紹介をすることにしましたが、これでは暗くてレジメが読めません。皆さん、ご不便をお掛けしてすみませんでした。

1620分ころ紹介が終わると、すでに到着されていた會○さんにバトンタッチして、春霞賞選考会のスタートです。
今月のノミネートは4作。内容も投票の結果も大接戦で、結局1票差で候補作が決まりました。

詰パラ 2021年11月号
中学校25 松下拓矢氏作

詳しくは別稿にて。

■注目先の中から、いくつかご紹介していきます。

詰パラ 2021年11月号
デパート2 相馬康幸氏作

2021112

21歩成、同玉、22歩、同玉、34桂、同香、44角、33角合、
14桂、同歩、13銀、同香、11銀、同玉、12歩、同玉、
24桂、同香、11金、同角、同角成、同玉、23桂、12玉、
22金、同玉、11角、23玉、12銀、同玉、22
 まで31手詰

盤面香と歩だけの、きれいな密集形です。
34桂捨てから44角と打って足場を築いた後、1筋から手を付けていくのに気付けば、あとは“いつか来た道”。合駒読みも一度だけで、比較的易しいのも本作の美点と言えます。
さらに、22手目に無仕掛局面が現れるのも洒落ていて、これぞ相馬流と言うべき逸品です。

スマホ詰パラ 2022年1月
No.17901 kisy氏作 「Weather Report」

17901_kisy_weather-report202201_20220318015301

48成桂、同玉、38成桂、49玉、48成桂、同玉、47と、同玉、
46と、48玉、47と、49玉、16馬、27銀成、同馬、同飛成、
58銀、同玉、69と、47玉、49香、48角合、同香、同玉、
49歩、同玉、58角、48玉、59と、同玉、39龍、58玉、
68と、同玉、79馬、58玉、69馬、57玉、59龍、66玉、
76と、同玉、56龍、66歩合86金、同玉、66龍、76歩合
87歩、同金、同と、同龍、96金、同龍、同馬、同玉、
76龍、86金合94飛、95歩合、同飛、同玉、85と、同金、
96歩、同金、94と、同玉、96龍、83玉、85龍、84飛合
94金、72玉、63歩成、同玉、64歩、72玉、73香、61玉、
52と、同金、62銀、同金、同桂成、同玉、63歩成、同玉、
53金、64玉、54金、同玉、55龍、63玉、53銀成、74玉、
84金、同玉、86飛、74玉、75歩、73玉、74歩、同玉、
85龍、64玉、66飛、53玉、83龍、54玉、43龍、55玉、
46龍、54玉、43銀生、53玉、55龍、43玉、46飛、45桂合
同飛、33玉、44龍、32玉、35飛、21玉、11香成、同玉、
31飛成、21香合22龍、同香、12歩、同玉、13金、11玉、
22金、同玉、27香、23桂合、同香成、同玉、14と、22玉、
34桂、11玉、41龍、21角合12歩、同玉、24桂、11玉、
21龍、同玉、43角、11玉、22桂成、同玉、32角成、11玉、
12桂成、同玉、23と、11玉、22と まで165手詰

         【詰上り図】

17901_kisy_weather-report_202201

本作に関して、新○江さんが「以前は煙詰の収束部分では、あまり無理は出来なかった。今の人たちは、収束でも目一杯詰め込んでくるのが凄い。」と語っていたのが印象に残ります。また、曲詰については、「表現したいテーマ(ストーリー)がなければいけない」とも。
斯界の第一人者の言葉は、説得力をもって胸に染みいります。
本作は収束だけでなく、序中盤でもこれでもかと詰め込んでいるのに、手順には全く無理が感じられません。特に79手目、73に打った香が邪魔駒となり、20数手後にこれを消すあたり、よくぞ作ったものと感動すら覚えます。
本作は七種合であろうとなかろうと関係なく、正真正銘の傑作です。
(本作についてのやり取りは、まっつぁんこさんの「あーうぃ だにぇっと」を是非ご一読ください)

スマホ詰パラ 2022年1月
No.17916 瓶子吉伸氏作

17916_202201

26香、23歩合、12香成、同玉、15飛、14香合、同飛、22玉、
12飛成、同玉、15香、14銀合、同香、22玉、12香成、同玉、
13銀、同玉、14銀、同玉、15香、同玉、25角成
 まで23手詰

5手目15飛に対し、13歩合なら同飛成、同桂、21銀以下の詰みがあるので、捨合をしてから22玉と躱します。今度は13飛成としても、同桂と取られて後が続きません。
つまり、12玉の時は13飛(香)成で詰むが、22玉の時は詰まない。本作はこの違いをうまく利用して、1筋での中合のリフレインを成立させているのです。
9手目、12飛成から15香と打ち直すと、香車が品切れのためやむなく銀中合。こうして銀の入手に成功し、収束へと向かいます。
さすがのレベルの高さ、感服いたします。

詰将棋メーカー 2022年1月 
munetoki氏作

Munetoki_20221_15

32歩、同玉、33歩、22玉、12歩成、同飛、13角、同玉、25桂、22玉、42龍、21玉、13桂生、同飛、32龍 まで15手詰

5手目12歩成から13角が、絶妙の複合手。この妙手順が見えないと3手目の33歩も心理的な難手となってしまい、序盤で堂々巡りする羽目に陥ります。収束は25に打った桂の2段活用も入って完璧な仕上がりです。
今年に入ってからの詰将棋メーカーは、munetokiさんが1人で支えていると言っても過言ではありません。頭が下がります。

■この日も例会終了後は、無理をせず撤収。帰りの電車の中でまた爆睡してしまい、乗り過ごしてしまいました。でも気持ち良かったぁ(全然懲りていない)。

■この日の模様について知りたい方は、例によってhirotsumeshogiさんのブログ「詰将棋の欠片」並びに、まっつぁんこさんの「あーうぃ だにぇっと」をご覧ください。

■最後に、更新が遅くなってしまったことをお詫びします。申し訳ありませんでした。

ではまた。

| | コメント (0)

2022年2月13日 (日)

No. 257 第374回詰工房例会報告

120日(日)詰工房の例会に参加してきました。
参加者:馬○原剛、沖○幸、加○徹、金○清志、小○正浩、新○江○弘、芹○修、長○川○地、松○成俊、山○剛、田中徹 以上11名(以上敬称略)
※漏れや誤字があったら申し訳ありません。

2022年最初の例会は、参加者11名と少なめ。これは完全にオミクロン株のせいですね。

■詰工房1月の例会と言えば、TETSUさんによる年賀詰の展示会。今年もその数60局以上。バラエティーに富んでいて、実に壮観です。
毎年思うのですが、皆さん本当にうまく作るものですねぇ。もちろん、中にはもう笑うしかないようなものも混じってはいますが、それも込みで年賀詰。いいじゃないですか、正月なんだから。

■年賀詰の紹介が終わると、馬○原さんの司会による、春霞賞選考会のスタートです。
今月もノミネートは2作だけで、甲乙付け難いと見ていたのですが、全くの見当はずれ。岩村氏作が満票で最終候補に残りました。

詰パラ 2021年10月号
デパート4 岩村凛太朗氏作

詳しくは別稿にて。

■春霞賞の選考が終わったころには16時を過ぎていて、駆け足で注目先の紹介をすることになりました。その中から、いくつかご紹介していきます。


詰パラ 2021年10月号
ヤン詰2 森長宏明氏作

2021102

31角、同龍、42馬、22玉、34桂、21玉、31馬、同玉、
11飛打、21角合、同飛成、同玉、11飛成、同玉、33角、12玉、
22角成 まで17手詰

我々世代にとってのレジェンド、森長氏の名前を見付けてしまったら、もう採り上げるしかありません。
初手31角で龍を呼んでおき、これを奪いに行く手順や、9手目飛車の重ね打ちが中心の小品で、かつて大作を連発されていた作者のイメージとはやや異なるものの、これは本格復帰に向けた肩慣らしと受け取っておきましょう。
10月号では原亜津夫氏も久し振りに登場されていて、共にこれからの活躍に期待が高まります。


詰パラ 2021年10月号
大学10 石本仰氏作

20211012

28龍、同銀生、48金、同玉、93角、57歩合、同角成、38玉、
28金、同玉、37銀、同玉、49桂、27玉、28銀、38玉、
39銀、27玉、29飛、18玉、19飛、27玉、16銀、36玉、
25銀、27玉、28銀、38玉、39馬、47玉、57馬、38玉、
39歩、49玉、38歩、同玉、39銀、27玉、16銀、36玉、
37歩、同玉、48銀、38玉、47馬、28玉、29
 まで47手詰

2手目はお約束の銀不成。5手目93角と遠角を打てば、57歩捨合で受ける。これだけでも一局出来そうですが、まだまだ序の口。この後14手目27玉の局面が本当のスタートです。
この局面、18歩・36歩・47桂・49桂の4枚が、実は全部邪魔駒。この4枚を、巧妙な銀の運用によって1枚ずつ消去していくのが、本作のメインテーマでした。
構想型作品の名手石本氏らしい、一分の隙もない完成品です。


詰パラ 2021年10月号
たま研4 三田九路寿作

2021104

62銀生、52玉、53銀成、同玉、73龍、同銀、63金、54玉、
64歩、65歩合、同角、55玉、56歩、45玉、54角、同玉、
55歩、同玉、65飛、54玉、53金、同玉、63歩成、54玉、
53と、同玉、63飛成 まで27手詰

        【詰上り図】

2021104_

宮田敦史-途中で角を原形消去するのが巧い。個人的今回のベスト。
本作は三輪勝昭氏と筆者の合作です。今回たま研の課題が「曲詰」でしたので、「三田九路寿」名義での最後の発表作となるかも知れない本作を投稿したところ、宮田先生から望外のお言葉を頂戴し、結果稿を何十回読み返したか知れません。
これは序の6手を見つけてくれた三輪さんのおかげです。この逆算により「将来の二歩禁回避のための52歩消去」というバックボーンを得て、作品に一本の芯が通りました。三輪さん、ありがとうございました!


スマホ詰パラ 2021年12月 
No.17705 塗らら氏作

17705_202112

21歩成、同玉、31歩成、同玉、41歩成、同玉、51歩成、同玉、
61歩成、同玉、71歩成、同玉、81歩成、同と、同香成、同玉、
82歩、71玉、72歩、61玉、62歩、51玉、52歩、41玉、
42歩、31玉、32歩、21玉、22歩、11玉、21金、12玉、
23銀、13玉、14銀成、同玉、25と、同金、24金、同金、
同と、15玉、25と、16玉、26と、17玉、27と、18玉、
28と、19玉、18金 まで51手詰

一見して、王様が1段目を往復する趣向作と見当が付きます。まず、22から82まで並んだ7枚の歩を成り捨てて、8筋へ。次いで2段目に歩打ち+玉の逃げの繰り返しで、1筋まで戻ります。
嬉しいのは、ここから更に9段目まで、片道の縦追いが入っていること。新味には欠けるものの、配置や使用駒、手順も含めて、極めて高い様式美を感じさせる作品で、一つの収穫と思います。参加者の皆さんの反応もまずまずでした。


詰将棋メーカー 2021年12月 
Haru氏作

Haru_202112

64玉、94玉、55玉、95玉、44玉、94玉、35玉、24桂合、
同飛寄、95玉、44玉、94玉、55玉、95玉、64玉、94玉、
75玉、95玉、87桂 まで19手詰

王鋸です。どちらの玉も、4段目と5段目しか動けないのを利用して、攻方王の鋸引きが始まります。王が15に入り込めば詰んでしまうので、35王の時、24桂捨合としてこれを防ぎますが、これで桂が手に入ったため、75王と戻って87桂打までの詰み。
王鋸の折り返しのキーが、24桂合の一手だけで、収束も87桂の一手だけという、極めてシンプルかつ明快な構成が際立っていて、小品ながら印象に残る好作です。


スマホ詰パラ 2022年1月 
No.17705 kisy氏作「Weather Report」

17901_kisy_weather-report202201

Twitterなどで話題となった話題作を、図面だけご紹介しておきましょう(作意は次回)。本作についてのやり取りは、まっつぁんこさんの「あーうぃ だにぇっと」をご参照ください。

■この日も例会終了後は、無理をせず撤収。落ち着いて2次会に行けるのはいつになることか…。

2月の例会は京急蒲田駅から徒歩3分の大田区産業プラザです。お間違えないように。

■この日の模様について知りたい方は、例によってhirotsumeshogiさんのブログ、「詰将棋の欠片」並びに、まっつぁんこさんの「あーうぃ だにぇっと」をご覧ください。

■ではまた。

| | コメント (0)

2022年1月11日 (火)

No. 255 第373回詰工房例会報告

■1219日(日)詰工房の例会に参加してきました。
参加者:會○健大、青○裕一、馬○原剛、金○清志、久○紀貴、小○正浩、近○郷、澤○友太、新○江○弘、芹○修、竹○健一、太○岡甫、利○偉、深○一伸、三○郁夫、柳○明、田中徹 
以上16名(以上敬称略)
※漏れや誤字があったら申し訳ありません。

■今更ですが、新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2021年最後の例会は、参加者が制限人数一杯の16名と盛況でした。
初参加の澤○さんに、三○さんは10年振りくらい? ともかく相当に久し振りの参加なのだそうです。ご無沙汰しておりました!
ただ、落ち着いていたコロナ感染者数が、いきなり急増してきました。1/8のたま研は無事開催にこぎ着けましたが、この先がまた不透明になりそうです。
まったく、いつまで続くことやら…。

15時を過ぎて、春霞賞の選考の時間。
解説は會○さん…でしたが、少し遅れてくるとのことで、先に注目先の紹介をすることになりました。その中から、いくつかピックアップしていきます。

<参考図>
詰パラ1981年12月号 深井一伸氏作  「七対子」

19823

18馬、54歩合71と、同玉、73飛成、72飛合61香成、同玉、
72龍、同玉、52飛、73玉、62飛成、74玉、29馬、85玉、
65龍、75銀合95と、同玉、75龍、85香合84銀、96玉、
87銀、同玉、85龍、86香合88香、同金、同金、同玉、
86龍、79玉、78金、同玉、56馬、69玉、89龍、79金合
59金、同玉、79龍、69金合49金、同玉、69龍、59銀合
39金、同玉、59龍、49角合29馬、同玉、49龍、39飛合
38銀、28玉、46角、37桂合、同角、17玉、19香、18角合
29桂、同飛成18香、同龍、39角、28歩合、同角上、同龍、
同角、26玉、22飛、15玉、37角、14玉、15歩、13玉、
46角、35桂合、同角、同歩、25桂、同桂、43龍、同桂、
14銀 まで89手詰

中村宜幹氏作「国士無双」の結果発表で、超レアな深井さんの短評を発見! 元々、参考図として深井さんの「七対子」を載せる予定だったので、レジメの「国士無双」の紹介頁で、合せてその短評も採用することにしました。
そんな経緯もあって、詰工房の会場で深井さんの姿を見た時は驚きましたが、今思えば、「国士無双」が深井さんをここへと導いたのでしょう。
注目作の紹介で「七対子」について触れた際、作者に一言お願いしたところ、40年前、結果発表時の作者の言葉で「…ところで13種移動合の国士無双を誰か作りませんかね」と呼び掛けていたとのこと。
この呼び掛けに応える作品が、40年を経て、ようやく現れた!…
「国士無双」の出現に対する深井さんの興奮が伝わってくるようでした。
ところでこの「七対子」、作者としては、2手目の歩合だけが消えずに残ってしまうことや、「暗算で行ける」ほど易しいことなどが不満なのだそうですが…。
「暗算…」のくだりには、盛大なブーイングが浴びせられたことは言うまでもありません。

詰パラ 2021年9月号
大学7 原田清実氏作

202197

33銀、同玉、51角、42歩合、同飛成、24玉、46龍33銀合、
25歩、13玉、24銀、同銀、同角成、22玉、42龍、32桂合、
13銀、同馬、33馬、12玉、32龍、22桂合、24桂、11玉、
22龍、同馬、23桂、21玉、32桂成、同馬、11馬 まで31手詰

7手目は45龍と開くのが普通ですが、それでは25歩の時15玉と逃げられて失敗。正解は46龍と一路深く引く手で、盤面6枚の美形からこんな好手が飛び出せば、それだけで好作確定ですが、この後も2度の限定合が出てきて文句なし。
また一つ、簡素図式の名作誕生です。

詰パラ 2021年9月号
デパート2 齋藤光寿氏作

202192

36飛、35角、同飛、同桂、75角、64飛、同角、22玉、
31角成、同玉、42銀生、22玉、33馬、13玉、14飛、同玉、
24馬まで17手詰

16金に狙いを付けた初手36飛に35角の受けは分かるとしても、75角に対する64飛移動合はウッカリしやすいところ。一局に角と飛車の移動合を織り込んだうえ、見方によっては持駒の飛を角に、さらに角を飛に変換する、飛車のフェニックステーマにもなっています。作者としては軽めながら、配置・手順ともにしっかりした仕上げで、確かな創作力を感じます。
18日に行われた「たま研」でも作者の話題が出て、最近の目覚ましい活躍振りに、かなり注目を集めている様子が伺えました。
作者は現在奨励会3段。こちらの方でもぜひ夢をかなえてほしいものです。

詰パラ 2021年9月号
デパート3 岡本眞一郎氏作

202193

33銀生、51玉、52歩成、同玉、62金、同玉、54桂、53玉、
44金、64玉、69飛、67香合、同飛、同角成、65香、55玉、
47桂、同銀生、45金、同香、44銀生、54玉、56飛、同銀生、
66桂、同馬、55歩、同馬、53銀成まで29手詰

        【詰上がり図】

202193_

3手目52歩成が、二歩禁回避の伏線的歩消去。53歩を残したままだと、収束の55歩が打てません。
そして12手目67香合が、いわゆる不利合駒。ここで普通に歩合なら、作意順で23手目55歩と打つことができ、以下63玉、53銀成まで早詰。67香合であれば、65の駒が香になるため、55歩が打歩詰になるという仕掛けです。
あぶり出しで不利合駒は、滅多にお目に掛かれない希少品種で、さらには、双方銀不成まで入っているという豪華版。出席者からも「良く入ったなぁ」と、称賛の声が相次ぎました。脱帽です。

スマホ詰パラ 2021年11月 
No.17571 瓶子吉伸氏作

17571_202111

22銀、24玉、33銀生、同玉、43桂成、同銀、22角、24玉、
13角成、同玉、33飛、同桂、23金、14玉、24金、同角、
23銀生、同玉、12飛成 まで19

全編捨て駒のオンパレード。中でも3度の「打っては捨てる」が実に良い味を出していて、43桂成のような難手も交え、手筋物の最高級品と言えるでしょう。
作者がスマホ詰パラに投稿されるようになってから、ずっと注目していますが、どの作品もレベルが高く、流石と言う他ありません。

スマホ詰パラ 2021年11月 
No.17621 Hiroshi Sawaki氏作

17621_hiroshi-sawaki202111

2317と、12歩、21玉、33玉31玉、43玉41玉、
53玉51玉、63玉61玉、52香成、71玉、62成香、81玉、
74玉18と、93桂、92玉、85玉56歩、81銀、93玉、
94歩、83玉、95玉73玉、72銀成、64玉、84飛、55玉、
47桂、45玉、35と、46玉、37銀、57玉、48と、67玉、
59桂、66玉、64飛、65桂合、78桂 まで45手詰

ご覧の通り、攻方の王が1筋から9筋まで、盤面を横断します。この狙いには先行作があるようですが、本作も無理なく大移動を実現しているあたり、十分に評価に値します。出席者の反応も「面白い趣向作」という好意的な声が多かったように思います。
ただし、収束は改善の余地ありですね。

詰将棋メーカー 2021年11月 
ポンちゃん氏作

_202111_17

72龍、62歩合、32馬、13玉、63龍引、同歩、同龍、33桂
同龍、同金、25桂、同歩、22銀、12玉、13歩、同角、
21銀生まで17手詰

初手72龍で歩合をさせてから32馬とすると、同玉は34龍以下詰むので13玉と躱す。
そこで、63龍引として2枚の龍と1歩を交換しに行くのが面白い攻め筋で、歩を入手してからの22銀~13歩の詰みを見ています。
ところが7手目同龍の時、33桂の移動合がその上を行く妙防で、13への利きを消して、歩詰誘致を図ります。が、結局は桂馬を渡したため、24桂捨てが決め手となり、角の利きを逆用されて詰上がります。
力の籠った攻防は最後まで見応えがあり、出席者の評判も上々でした。

■注目作の紹介が終わると、會○さんの司会による、春霞賞選考会のスタートです。
ノミネートは2作だけでしたが、この2作、全く性格の異なる作品ながら、いずれも優劣付け難い力作で、投票の結果は何と全くの同点!
よって、2作とも最終候補に残ることになりました。

詰パラ 2021年9月号
原田豪氏作

詰パラ 2021年9月号
中村宜幹氏作 「国士無双」

詳しくは別稿にて。

■この日も例会終了後は、無理をせず撤収。
帰りの電車は磯子行きで、途中で座ったら途端に爆睡。親切な乗客の方に、「終点ですよ」と声を掛けていただかなかったら、車庫に入っていたかも?

■1月の例会の会場は従来と同じ「きゅりあん」ですが、「きゅりあん」がリニューアル工事に入るため、しばらく他の会場での開催になります。今のところ、2月と3月の例会は蒲田の大田区産業プラザに決定です。以前、解答選手権の会場にもなっているので、ご存知の方も多いことでしょう。京急蒲田駅から徒歩3分です。

■この日の模様について知りたい方は、例によってhirotsumeshogiさんのブログ、「詰将棋の欠片」をご覧ください。

■ではまた。

| | コメント (0)

2021年12月16日 (木)

No. 253 第372回詰工房例会報告

1127日(土)詰工房の例会に参加してきました。
参加者:青○裕一、井○徹也、馬○原剛、沖○幸、加○徹、金○清志、小○正浩、新○江○弘、芹○修、竹○健一、太○岡甫、松○成俊、柳○明、田中徹 以上14
二次会から参加 宮○敦史(以上敬称略)
※漏れや誤字があったら申し訳ありません。

■来年2月の例会は蒲田の大田区産業プラザに決まったようです。
以前、解答選手権の会場にもなっているので、ご存知の方も多いことでしょう。京急なら、京急蒲田駅から徒歩3分で行けますので、JRよりお勧めです。

■竹○さんから、つみき書店の「夏休みの自由研究 2021」を頂戴しました。自分が注目している松下さんの研究や、懐かしい「超短編における中合対策の研究」(風みどりさん)などが載っていて、興味深く拝見しました。
竹○さん、ありがとうございました。

15時を過ぎて、春霞賞の選考の時間。解説は太○岡さん。
ノミネートの5作から候補に残ったのは…。

詰パラ 2021年8月号 
大学院3 若島正氏作

詳しくは別稿にて。

■続いて注目作のご紹介。今回も詰将棋メーカーから数局ピックアップしました。
では、注目作の中から、いくつかご紹介していきます。


詰パラ 2021年8月号
小学校6 太刀岡甫氏作

202186

34角、同桂544642桂成 まで5手詰

初形の、玉方42桂と攻方46桂。詰上がりでは、この2枚の桂馬の向きが入れ替わっています。本年2月号中8齋藤光寿氏作が、同様の狙いの9手詰で、本作はこれを最短手数で表現したもの。
こうした記録狙いの作品では、手順や形が二の次にされがちですが、そこは同人入り目前の実力者、4手目を移動中合にすることで、しっかりした本格作品に仕上げているのは流石です。


詰パラ 2021年8月号
中学校10 三輪勝昭氏作

2021810

48飛、56玉、57飛、65玉、66金、74玉、44飛、同金、
54飛、同金、75金 まで11手詰

あえて角の利きを遮る形で、48飛、57飛、66金と連打。そしてすぐさま2枚の飛車を捨て去り、角筋を通して75金まで。一手の無駄も隙もなく、狙い通り仕上げる満点の出来上がりです。
これを良く11手でまとめたものと感服します。宮田先生も絶賛の逸品。


スマホ詰パラ 2021年10月
No.17356 keima82氏作

17356_keima82202110

45角、34歩合、同角、22玉、33と、同玉、45桂、22玉、
33桂成、同玉、43歩成、22玉、33と、同玉、43香成、22玉、
33成香、同玉、43香成、22玉、33成香、同玉、43香成、22玉、
33成香、同玉、44金左、22玉、33金、同玉、25桂、22玉、
21桂成、同玉、43角成、12玉、13歩、22玉、44馬、21玉、
54馬、22玉、55馬、21玉、65馬、22玉、66馬、21玉、
76馬、22玉、77馬、21玉、87馬、32桂合、同馬、同玉、
24金、34桂合、同飛、21玉、32飛成、同玉、33桂成、21玉、
22成桂、同玉、34桂、32玉、42香成、21玉、33
 まで71手詰

4筋の香配置と玉方88歩から、手順は大体想像がつくでしょう。結局45筋の駒は、49香以外すべて捨てますが、その順序がきちんと決まっていて、手順前後が利かないのは流石です。
邪魔駒を整理してスッキリしたところで、馬鋸が登場し、収束は大駒2枚を消してピタリと着地。また、序の34歩合に対し、収束で34桂合とエコーのような捨合が出るのも、好感度を高めるアクセントになっています。
実は本作を紹介中、48香消去の理由を聞かれ、思い出せずに大慌て。皆さんのご協力で、27手目44金左に42玉と逃げた時、43角成、51玉、58飛62玉、53飛成以下詰ますためと判明しましたが、こんなんではダメですね。猛省。


スマホ詰パラ 2021年10月
No.17451 ぬ@y氏作

17451_y202110

15、24玉、26香、15玉、17香、26玉、28香、17玉、
29桂、同角成、27金 まで11手詰

この形からは15香打は必然。以下24玉には26香、15玉には17香と、4枚の香車をジグザグに連打します。前例がありそうな気はしますが、とてもシンプルにまとまっていて、この筋の決定版と言って良さそうです。何より、玉方381枚で香の打ち場所をすべて限定しているのが絶妙。
ところでぬ@yさん、このPNの読み方教えてください!


詰将棋メーカー 2021年10月 
ウリンチャージ氏作

_202110_19

49香、48歩合、同角成46玉、4735玉、4634玉、
4543玉、4432玉、41角、31玉、32歩、42玉、
4341玉、42 まで19手詰

2手目37玉は46角、56玉には23角があるので、48歩合。これを同角成と取ると、あとは一気呵成。48から42まで、馬が4筋を駆け上っていきます。
3筋の2枚のと金がうまい配置で、玉の逃げ方までしっかり限定。収束も好手41角からの巧妙な手順で、文句なしの一級品です。
正直、感動しました。


詰将棋メーカー 2021年10月 
シナトラ氏作  ◇4解 その1(変同利用)

_202110_3

(1)56銀、同玉、66龍 まで3手詰
(2)56銀、同と、65龍 まで3手詰
(3)56銀、同龍、64龍 まで3手詰
(4)56銀、54玉、63龍 まで3手詰


詰将棋メーカー2021年10月 
シナトラ氏作  ◇4解 その2(変同利用)

_202110_3_20211216184701

(1)46龍、同玉、56金 まで3手詰
(2)46龍、同馬、65金 まで3手詰
(3)46龍、同と、54金 まで3手詰
(4)46龍、同香、45金 まで3手詰

2作とも、変同を利用して複数解を表現した、シナトラさんらしい先進作。どちらも初出はTwitterとのことです。
その1は、最終手が66龍から63龍まで、6筋一直線の4種類。その2は、最終手の打ち場所が、56655445と菱形を形成しています。
いずれも複数解のお手本となるべき作品で、特に1は、わずか7枚の配置で鮮やかに4つの解を描き分けていて、現代の古典として記憶されるべき一局と信じます。

■例会が終わって1階に降りると、そこには宮田先生の姿が! 
詰キストの会合に、しかも二次会だけ参加してくださるプロなんて、そうはいません。もう、尊敬しかありません。

■この日も例会終了後は、無理をせず撤収。
帰りの電車の中では立ったままでしたが、それでも睡魔には勝てず、派手に膝カックンをしてしまいました。あ~、恥ずかしい。

■この日の模様について知りたい方は、例によってhirotsumeshogiさんのブログ「詰将棋の欠片」と、まっつぁんこさんの「あーうぃ だにぇっと」をご覧ください。

■ではまた。

| | コメント (0)

2021年11月 3日 (水)

No. 251 第371回詰工房例会報告

■1024日(日)詰工房の例会に参加してきました。
参加者:青○裕一、馬○原剛、加○徹、金○清志、久○紀貴、小○正浩、新○江○弘、芹○修、太○岡甫、利○偉、宮○敦史、柳○明、山○剛、田中徹 以上14名(以上敬称略)
※漏れや誤字があったら申し訳ありません。

■コロナの新規感染者数が激減し、緊急事態宣言も解除になりましたが、人数を制限して予約制で行うのは今までと変わりません。まだしばらくは、こうした対応が続きそうです。
心配なのは、いつも詰工房の例会に使っている「きゅりあん」が、改修工事のため来年2月から1年間休館になること。詰工房のHPを見ても、来年2月以降のスケジュールは不明です。
どうなる、詰工房?

■15時を過ぎて、そろそろ春霞賞の選考の時間と思ったら、進行役の久○さんがまだ来ていません。少し遅れるとメールがあったそうで、今回は順番を変更して先に注目作をやることになりました。
すると注目作を紹介しているうちに、これ構想作でしょ、加えませんか? あ、これも入れようよ? ということで春霞賞の選考対象に2作の追加が決定。当初のノミネート7作から2作増えて、計9作で投票が行われることになりました。その結果は後ほど。

■このところ、詰将棋メーカーが元気です。多い時には、1日に10局以上の新作が並び、同時に、レベルの高い作品も徐々に増えつつあります。そこで今回初めて、詰将棋メーカーの発表作からも数局、注目作としてご紹介することにしました。
詰将棋メーカーは自動応手ではなく、従来は全て自力で解答しなければなりませんでしたが、今は「ヒント機能」があるので、これで次の一手を教えてもらえば、確実にゴールすることが出来ます。今まで高かった敷居が、かなり低くなったと思います。
まだ詰将棋メーカーをご覧になったことのない方は、一度覗いてみることをお勧めします。

では、注目作の中から、いくつかご紹介していきます。


詰パラ 2021年7月号
高校1 太刀岡甫氏作

0300-1

4543玉、33桂成、同玉、2523玉、33桂成、同玉、
4532玉、33桂成、同玉、34歩、32玉、43香成、同玉、
23飛成まで17手詰

「桂打ち+桂捨て=間接消去」×3回。作者も会場に来られていたので、ひと言コメントをお願いしたところ、「傑作だと思います」と言い切る潔さ。もちろん、そう自負するに足る完成品に仕上がっています。
「桂打ち+桂成捨て」の4手で、1枚の歩を消す。驚くべきは、この41組の手順を3回繰り返す以外は、収束の5手だけという極めてシンプルな構成であること。これほど何の不純物もなく図化できたのは奇跡的で、まさに掛け値なしの「傑作」です。


詰パラ 2021年7月号
デパート5 渡辺直史氏作

202175

9935玉、55飛、34玉、8944玉、56飛、34玉、
66飛、44玉、67飛、34玉、77飛、44玉、78飛、88歩合、
同角、34玉、77飛、44玉、67飛、34玉、66飛、44玉、
56飛、34玉、55飛、44玉、45飛、34玉、35歩、同と、
44飛 まで33手詰

99と892枚の角を最遠打。そして始まるのが飛車鋸です。序奏も収束もほとんどなく、鋸引きが終わった瞬間に訪れる終局。それが結果として狙いの飛鋸を際立たせています。
なお、この後にご紹介する作品と合わせて鑑賞していただくと、一層興趣が湧くことでしょう。


スマホ詰パラ 2021年9月
No.17216 relax氏作 「天の角」

17216_relax_202109

1187玉、76角、86玉、21角生97玉、17飛、57と、
98歩、86玉、87歩、75玉、76歩、64玉、65歩、53玉、
54歩、42玉、43歩、31玉、37飛、21玉、27飛、32玉、
22飛成、43玉、33龍、54玉、44龍、65玉、55龍、76玉、
66龍、87玉、77龍、98玉、88龍 まで37手詰

こちらは1121に角を並べたい。しかし、11角、87玉のあと、21角と打つと、32歩合の妙防があり、同角成でも、同角生でも詰みません。そこで、いったん76角と短打し、86玉に21角生と最遠移動するのが巧妙な手順。1枚は遠打、1枚は最遠移動により、1121に角を据えることに成功しました。
17飛、57との交換で歩詰を解消してから、歩の連打で斜め追い趣向がスタート。折り返しの龍追いで、並べた歩を全て消し去るのも定法通り。
本作者relax氏は前作飛鋸の作者渡辺氏の筆名と思われ、そう考えれば、両作品におけるいくつかの共通点が浮かび上がってきます。両作は姉妹作なのか、その創作過程を伺ってみたいところです。


スマホ詰パラ 2021年9月 
No.17171 竜馬麒麟氏作

17171_202109

47香、45香合、56、同桂、34金、同玉、45馬、33玉、
35香、34歩合、同馬、32玉、43馬、23玉、34馬、22玉、
33馬、13玉、24馬、22玉、33香成、12玉、34馬、13玉、
35馬、12玉、45馬、13玉、46馬、12玉、56馬、同歩、
13歩、同玉、14歩、12玉、24桂 まで37手詰

初手47香に、45香と捨合をした場面。ここで34金とすれば、以下同玉、45馬と手が続き、主戦場は1~3筋に移ります。しかし、それでは手駒が足りず、詰みません。
3手目、当然に見える34金の前に、56桂(!)と跳ねておかねばならなかったのです。その効果は、収束に出現する馬鋸の質駒という形で現れます。一見、その後の展開に全く無関係に思えて、思考外の着手となっており、効果満点の伏線となっています。
後半のミニ馬鋸と序の伏線の組合せを見て、作者のセンスと創作力を評価する声多数。その他にも攻方馬の大活躍や2度の捨合など、見どころ豊富な好作です。


スマホ詰パラ 2021年9月 
No.17256 勇気凛々氏作

17256_202109

77龍、75歩合、66桂、73玉、75龍、74歩合、84龍、62玉、
74桂、51玉、52歩、61玉、62歩、52玉、53歩、51玉、
61歩成、同玉、62桂成、同玉、64龍、71玉、72歩、同玉、
74龍、61玉、52歩成、同玉、63龍、51玉、53龍、61玉、
62歩、71玉、81歩成、同と、51龍、72玉、81龍、62玉、
63歩、73玉、83龍 まで43手詰

盤面7枚のスッキリした配置からは、43手も掛かるとは想像もつきません。6手目74歩合に、同龍でも64龍でもなく84龍としたり、21手目64龍としながら、この後74龍でまた6筋、5筋方面に追い出したりと、あえて回りくどい手順を選んでいるかのような、不思議な攻防が続きます。
「面白い攻め方」、「変わった攻め方」、「まどろっこしい攻め方(=ホメてます)」等、好評でした。


詰将棋メーカー 2021年9月 
Haru氏作

Haru_202109_127

28香、12玉、14香、13飛合、同香成、同玉、15飛、14香合、
同飛、同玉、16香、15飛合、同香、同玉、17飛、16香合、
同飛、同玉、18香、17飛合、43馬、34と、
17香、同玉、13飛、16香合』 =『A』、53馬、35と、
16飛成、同玉、18香、17飛合』=『B』52馬、34と、
『A』62馬、35と、『B』61馬、34と、
『A』71馬、35と、『B』61馬、34と、
『A』62馬、35と、『B』52馬、34と、
『A』53馬、35と、『B』43馬、34と、
『A』18歩、同玉、16飛成、29玉、38銀、39玉、
19龍、38玉、39香、47玉、17龍、56玉、26龍、67玉、
66龍、78玉、77龍、同玉、68金打、87玉、62桂成、86玉、
53馬、87玉、54馬、86玉、64馬、87玉、65馬、86玉、
75馬、87玉、76馬、同桂、96銀、86玉、87歩、同桂成、
95銀、85玉、96銀、86玉、87歩、同桂成、95銀、85玉、
84金左 まで127手詰

「香打+飛合」、「飛打+香合」の繰り返しによって、玉の位置をコントロールしながら行う複式馬鋸1往復です。
合駒制限のため多数の駒を配置せざるを得ませんが、全ての駒に意味を持たせたうえに、おまけの馬鋸まで挿入したのはお見事。今のところ、本作が詰将棋メーカーで出題された(オリジナル作品の)最長手数作品のようです。


詰将棋メーカー 2021年9月 
munetoki氏作  ■月間MVP

Munetoki_202109_mvp

24金、同香、34金、同玉、26桂、33玉、43金、同飛、
23金、同玉、35桂、22玉、34桂、11玉、44馬、同飛、
23桂生 まで17手詰

中盤で43金、23金と、持駒の金を使い切ってしまうのが、心理的な難手。桂2枚ではとても詰みそうに思えませんが、桂を連打した後の44馬が鮮やかな決め手で、最後は桂吊るしの詰上りとなります。
2枚による清涼詰という難度の高いテーマで、これだけの手順を実現したのは、現代清涼詰の第一人者の作者ならでは。「サロンに出せば余裕で月間最優秀作いけたでしょ?」との声も。
詰将棋メーカーという新しい媒体において、作品の質の面で最も大きく貢献しているのが、munetokiさんだと思います。

■注目作の紹介を始めて間もなく、久○さんが到着。緊急事態宣言の解除で都県をまたいだ移動が可能になり、久し振りの参加です。
ノミネートが9作に増えたのは想定外でしたが、作品の紹介は的確かつ明快でした。
投票の結果、候補に残ったのは次の2作です。

詰パラ 2021年7月号 
デパート4 相馬慎一氏作
◇選択を封じる連続合駒。

詰パラ 2021年7月号 
デパート3 市川孝夫氏作
◇玉方銀の4回転。

詳しくは別稿にて。

■例会終了後は、無理をせず撤収。この日は往きも帰りも、電車の中では爆睡でした。

■この日の模様について知りたい方は、例によってhirotsumeshogiさんのブログ、「詰将棋の欠片」をご覧ください。

■ではまた。

| | コメント (0)

2021年10月 4日 (月)

No. 249 第370回詰工房例会報告

925日(土)詰工房の例会に参加してきました。
参加者:會○健大、青○裕一、馬○原剛、沖○幸、加○徹、金○清志、小○正浩、近○啓介、近○郷、酒○高行、芹○修、竹○健一、渕○上悠、松○成俊、宮○敦史、柳○明、田中徹 以上17名(以上敬称略)
※漏れや誤字があったら申し訳ありません。

■今回はおそらく定員一杯、盛況でした。10代(と思われる)3人のおかげで、平均年齢が相当若返ったと思います。
あとから知ったのですが、このうちの2人は奨励会入会が決まったばかりだそうで、心からお祝い申し上げます。厳しい世界ですが、夢の実現のため、負けずに頑張ってください。プロになってもまた詰工房に来てもらえると嬉しいですね。

■柳○さんが新刊の詰棋書をいくつか持参されていたので、「百日紅」と「創発」の2冊を購入しました。そう言えば、最近作品集の発行増えてません? 実はじっくり中身を読む暇がなく、積ん読状態の本がたくさん…。本棚も一杯だし、弱りました。

15時を過ぎて、春霞賞の選考会を始めようとしたところで、PCの画面がプロジェクターに映らないというトラブルが発生。いよいよダメかと覚悟しかけた時、予備のUSB接続コードがあるのを思い出して差替えてみたら、これが正解で、見事にプロジェクターが復活。結局原因はHDMIケーブルの断線だったようです。
USB接続は画質が悪く、柿木で棋譜を再現するとコマ送りのようになってしまうものの、棋譜の鑑賞には何とか耐えられるレベルで、最悪の事態は免れることができました。

■選考会の進行役は會○さん(「詰将棋サロン名作選」、お疲れさまでした!)。
今回のノミネートは5作で、投票の結果、次の作品が候補に残りました。

詰パラ 2021年6月号
創棋会3 則内誠一郎氏作

「不利逃避のための合駒」 詳しくは別稿にて。

■続いては注目作ですが、今回は、参加者の皆さんの反応が大きかった作品を中心にご紹介していきます。

詰パラ 2021年6月号
A級順位戦6 天内啓介氏作

20216a6

66香、(イ)同銀、73飛成、同玉、77香、(ロ)同銀生、74金、同桂、
84角、(ハ)同玉、85金、同と、83角成、同玉、93龍 まで15手詰

(イ)55玉は37角、44玉、54銀成、33玉、93龍以下。
(ロ)同銀成は84角、64玉、54銀成、65玉、66金以下。
(ハ)64玉は54銀成、65玉、64金、76玉、94角成まで。

『守備駒の利きに打つ香打を2度繰り返すという、作者の高い創作力を示した一局。一手ごとに奥行きのある好変化を伴い、何局分も解いたような気分になれる、超高密度の傑作短編です。』
これは前々回の当ブログ(No.247)で、パラ5月号高校25鈴川優希氏作について書いたコメントですが、同じことが本作にも当てはまります。10手目(ハ)64玉の変化には「ほぉ~」「なるほど!」という声多数。パラ10月号読者サロンの作者の言葉を読むと、この変化が創作の起点だったことが分かります。
また、作者天内氏については情報が少なく、どんな人なんだろうと、皆さん興味津々の様子でした。読者サロンの言葉の中に、「年に数回、連続して夜勤が発生する仕事をしている」とあり、今のところこれが唯一の手がかりでしょうか。
作者のブログ「天内詰将棋」も一読をお勧めします。


詰パラ 2021年6月号
B級順位戦3 利波偉氏作

20216b3

59金、同桂成、38銀、同玉、56角、27玉、37馬、同玉、
47龍、28玉、29銀、同玉、17龍56飛、18龍 まで15手詰

11手目、29銀を同玉と取れば、27龍の両王手が常識というもの。ところが19玉とかわされると、26飛が良く利いていて全然ダメ。この形で17龍~18龍の収束3手は、非常に意外性があります。
皆さんの反応も「余り見たことがない」というものばかりで、初手に対する変化処理等と合わせて好評でした。


詰パラ 2021年6月号
やさしい大学院3 岩村凛太朗氏作

202163

78金、66玉、67金、55玉、56金、44玉、45金、33玉、
34金、22玉、21と、同玉、33桂、22玉、31角成、同玉、
41角成、22玉、23金、11玉、21桂成、同玉、32馬、11玉、
33馬、21玉、43馬、11玉、44馬、21玉、54馬、(イ)11玉、
55馬、21玉、33桂、31玉、32歩、42玉、41桂成、同玉、
42歩、同玉、33金、41玉、51と、同玉、73馬、62飛合、
(A)52歩、同玉、43金打、41玉、63馬、51玉、62馬、同玉、
52飛、63玉、53飛成、74玉、73龍、85玉、84龍、96玉、
95龍 まで65手詰

金で追い上げる序に続いて、斜めに並んだ歩を食べながらの馬鋸が始まります。しかし、この5枚の歩がクセ者で、取って良いのは43歩と54歩の2枚だけ。それ以上取ると、収束で逃げ道が出来てしまい、詰みません。馬鋸の目的は、歩を2枚入手することと、馬を55に置いて73金を質にすることだけ。残り3枚の歩は毒饅頭だったのです。
という異色の馬鋸に対し、①なぜ双玉なのか。②馬鋸中の無駄合。③6587の並び歩に意味のある序をつけたい、等のご意見・ご質問が次々と…。
①双玉の理由は、48手目62飛合の時、(A)42金打、61玉、83馬に72銀(角)合で、また(A)62同馬、同玉、64飛には63角合の逆王手で逃れるため。余詰防止に最も経済的なのが81王配置だったものと思われます。
②問題は馬鋸に付き物の無駄合、即ち、31手目54馬の時(イ)32歩合とする順です。攻方に必要な歩は43542枚だけで、それ以上何枚あっても余るだけ。故に、玉方は歩が尽きるまで32歩合を繰り返せば、大幅に手数が延びる…。大矢数タイプの馬鋸において、この種の合駒は一応無駄合とされていますが、最近は有効合と見做す人も多く、極力避けた方が無難です。
なお、この議論が始まると、「じゃあ古時計は?」となって泥沼にはまりますので、要注意。この時もちょっと怪しかったものの、深入りせずに済みました。
③は、6587の歩は収束には必要だが、序の金送りは並び歩がなくても成立しているので、意味を持たせるような序奏にしたい、というもの。本作に対しては望み過ぎとも思いますが、力のある作家は、こうした高いハードルを課すことによって、作品価値を高めていくものかと、得心いたしました。


詰パラ 2021年6月号
創棋会4 中村宜幹氏作  「帯か襷か」

202164_20211103213401

83飛、同玉、95桂、74玉、85金打、65玉、67香、66飛合
同香、同玉、56馬、77玉、78飛、87玉、86金引、同桂、
88飛、77玉、78歩、同桂成、同飛、87玉、88飛、77玉、
89桂、76玉、86金 まで27手詰

飛先飛香(初手83飛)と不利合駒(8手目66飛合)の組合せ。で、先に飛車を渡して後で入手するので、「回収手筋か?」とのご質問あり。自分も同じ考えだったので、Yesと答えたものの…、実はあまり自信なし。高木手筋、森田手筋、ブルータス手筋等々、手筋にも様々ありますが、その定義は明確でなく、人によって微妙に異なっていたりするので厄介です。
本作、狙いは面白いのですが、配置と収束には改善の余地がありそうです。


詰パラ 2021年6月号
デパート2 井上徹也氏作

202162

32角成、13角合、(A)24桂、11玉、13香生、同銀、33角、22桂合、
同角成、同銀上、23桂、同銀、12歩、同銀、同桂成、同玉、
23銀、11玉、33馬、21玉、43馬、11玉、33馬、21玉、
32馬、11玉、22銀成、同銀、12歩、同玉、16飛、13角合、
24桂、11玉、13飛成、同銀、33角、22桂合、同角成、同銀、
23桂、同銀、12歩、同銀、同桂成、同玉、23銀、13玉、
14銀成、12玉、23成銀、11玉、22成銀 まで53手詰

中盤のミニ馬鋸を挟んで、同様の手順が繰り返される軽趣向作。イノテツさんらしい好作と思っていたら…
某氏「3手目同香成は余詰みではないか?」
つまり、(A)で「同香成、同銀、24桂、11玉」として作意順に合流する順が成立していました。
余詰か手順前後か、人によって見解が分かれそうなケースで、いずれにしても、結果発表ではもう少し丁寧に解説した方が良かったように思います。
詳しくは松澤さんのブログ「あーうぃだにぇっと」をご覧ください。


詰パラ 2021年6月号
デパート5 伊藤正氏作   「有明の月」

202165_

65と、同玉、56と上、64玉、75と上、63玉、55桂、同歩、
64歩、同と、同と、同玉、55と右、73玉、74と、同玉、
65と上、73玉、64と右、82玉、92歩成、同銀、83金、91玉、
92金、同玉、83歩成、同玉、74と上、93玉、84銀、同と、
同と上、92玉、83と右、91玉、81金、同玉、71歩成、同銀、
72銀成、同銀、同と、同玉、73と左、61玉、62歩、同金、
同と、同玉、63銀、51玉、41歩成、同玉、52銀生、同玉、
53金、41玉、42歩、同と、同金、同玉、53と左、32玉、
43と寄、22玉、33と左上、同桂、14桂、12玉、22金、同成香、
同桂成、同玉、21桂成、同玉、22歩、同玉、33と寄、21玉、
23香、同銀、13桂、11玉、12歩、同銀、22と、同玉、
32香成、同歩、同香成、11玉、21桂成、同銀、同成香、同玉、
32銀、11玉、12歩、同玉、23と、11玉、21銀成、同玉、
32香成、11玉、22成香まで107手詰

        【詰上り図】

202165__

序のと金斜め追い、中盤の銀不成、そして、3筋の香3枚が動き出すクライマックスと、見応え充分の小駒煙。流石は伊藤さんと、皆さんも感心しきりでした。最近では連載「詰将棋の眺め方」でも話題の作者、さらなる活躍に期待です


スマホ詰パラ 2021年8月
No.17075   まつをっぽいよ氏作

17075_202108

45馬、14玉、26桂、24玉、34桂、14玉、23飛成、同玉、
22桂成、14玉、15歩、24玉、35角、同龍、23馬 まで15手詰

2手目14玉に対し、26桂~34桂として、盤上34に桂を発生させます。そうして23への馬の利きがなくなってから、23飛成と飛び込むのが妙手順。この後22桂成、14玉となれば、攻方28飛を22成桂に置き換えた形となり、打歩詰の打開に成功します。狙いをしっかりと図化する創作力に対し、「侮れない」との声多し。


スマホ詰パラ 2021年8月
No.17156  ぬ@y氏作

17156_y202108

31銀、12玉、24桂、13玉、22銀打、24玉、51馬、42角合
同馬、35玉、53角、44桂合、同角成、同龍、47桂、同龍、
36歩、同龍、53馬、24玉、33銀生、13玉、22銀引生、12玉、
13銀成、同玉、31馬、12玉、22馬 まで29手詰

持駒を全て打ち据えた後の、51馬に対する応手が本作のハイライト。ここで普通に35玉なら、62馬、53角合、36歩、24玉、51馬となって、42に何を合駒しても取って1手詰です。ところが先に42角合としておけば、同馬、35玉、53角(以遠打)に44桂合となり、同角成を同龍と取ることが出来て、手が延びます。即ち、玉方にとってより都合の良い位置に桂合をするための角中合だったという訳です。
序で打った2枚の銀が収束でキレイに捌けるなど、全体の構成も申し分なく、皆さんの反応も「意外にイケる」「うまく出来てる」と好評でした。それにしてもこのペンネーム、何と読めば良いのでしょうか?

■プロジェクターのアクシデント等色々あって、注目作の紹介が終わったのが16:50頃。急いで機材を片付け、退室しました。
この日も自分はそのまま帰宅。帰りの電車は途中で大抵座れるので、そこからはほぼ爆睡しています。でもって、気持ちいいんですよねぇ、これが(笑)。

■この日の模様について知りたい方は、例によってhirotsumeshogiさんのブログ「詰将棋の欠片」と、松澤さんのブログ「あーうぃだにぇっと」もぜひご覧ください。

■パラ10月号のたま研作品展で、三輪勝昭氏と筆者の合作(筆名「三田九路寿」)が採用されました。昔々、三輪さんと文通を始めた最初の頃、三輪さんの誕生日祝いに贈ったのが創作の始まりでしたが、紆余曲折を経て(=余詰修正を繰り返し)、発表図には当時の面影はほとんど残っていません。(メールによる)文通を再開した数年前に原図を見せたら、素晴らしい逆算を加えてもらい、ようやく発表図にたどり着きました。
自分の手元にある合作の在庫はこれが最後で、もしかしたら「三田九路寿」名義での最後の作品になるかも知れません。作品展の5作中、1・2を争う易しさ(これはホント)ですので、記念に解いていただければ幸いです。

■ではまた。

| | コメント (0)

2021年9月 8日 (水)

No. 247 第369回詰工房例会報告

822日(日)詰工房の例会に参加してきました。
参加者:青○裕一、岩○修、馬○原剛、沖○幸、金○清志、小○正浩、芹○修、竹○健一、松○成俊、宮○敦史、田中徹 以上11名(以上敬称略)
※漏れや誤字があったら申し訳ありません。

■昨年の解答順位戦で満点首位の松○さん、同率4位の宮○七段、竹○さんと、解答強豪3人が揃い踏み。
詰将棋の会合というと、なぜか作る側の方ばかり集まる傾向があり、解く側メインの方でこれほど豪華な顔ぶれが揃うことは、そうそうないはずです。
自分は会場に着くと春霞賞と注目作の準備に没頭するので、余り話をする時間がないのが残念。解答者の目線で見えてくるものとかナンとか、伺ってみたいと思っています。
また、すっかり常連となった宮○七段、今ではそこにいるのが当たり前で、ついプロ棋士であることを忘れてしまいがちですが、ご多忙にも関わらず熱心に参加していただき、有難い限りです。先生にも、棋士の素顔や将棋界の裏話など、一度こっそりお聞きしてみたいものです。

■春霞賞の選考会は15時頃スタート。進行役は馬○原さん。
今回のノミネートは6作で、高レベルの作品が揃う激戦でしたが、投票の結果、次の2作が候補に残りました。

詰パラ 2021年5月号   ◇局面対比
高校21 渡辺直史氏作   <攻方26香→玉方26香>

詰パラ 2021年5月号
デパート5 岩村凛太朗氏作  ◇攻方7種合

詳しくは別稿にて。

■続いては注目作のご紹介。

詰パラ 2021年5月号
高校25 鈴川優希氏作

2021525


32角打、(イ)33玉、36香、(ロ)同と、23飛、44玉、47香、(ハ)同と、
34角成、同桂、43飛打、(ニ)35玉、24飛成、同玉、14角成、同玉、
15金まで17手詰

(イ)24玉は23飛、35玉、25角成、45玉、43飛打、44合、同飛成以下。
(ロ)44玉は34角成、同桂、43飛、54玉、44飛打、65玉、63飛成以下。
(ハ)46歩合は34角成、同玉、35金、同と、44飛、同玉、43飛成まで。
(ニ)54玉は64金、同玉、73飛成まで。

守備駒の利きに打つ香打を2度繰り返すという、作者の高い創作力を示した一局。一手ごとに奥行きのある好変化を伴い、何局分も解いたような気分になれる、超高密度の傑作短編です。

詰パラ 2021年5月号
短大21 齋藤光寿氏作

2021521


96馬、同龍、78角、46龍、96角、同飛、46香、同飛、
51飛、42玉、52飛成、31玉、43桂、同飛、32龍、同玉、
24桂、23玉、15桂、24玉、25金 まで21手詰

序の8手の大捌きが実にダイナミック。なぜこんな手順が成立するのか?
・初手96馬=龍か飛車を96に誘って質駒にする。
・4手目46龍=どうせ取られるならと移動捨合。同香と取らせ、43金以下の逃れを狙う。
・5手目96角=95飛の5段目の利きを消し、43金以下の逃れ順を防ぐ。
派手な作意だけでなく、変化に隠された攻防にも見応えがあり、奥の深い本格派中編作です。

スマホ詰パラ 2021年7月
No.16971 盤上の狼氏作

16971_202107


34
飛成、12玉、42飛成、13玉、43龍上、23銀合、同龍、同玉、
34銀、24玉、25馬、13玉、35馬、24香合、14歩、同玉、
12龍、13金合、25銀、同香、13龍、同桂、24金、15玉、
25金、同桂、16香、同玉、26馬まで29手詰

美形ながら、持駒が歩1枚のため、取っ付きにくい印象です。
3手目ダメ元で42飛成とすると、22歩合には14龍、13歩合、34馬、11玉、22龍、同玉、23龍、31玉、32歩以下ピッタリの詰み。しかし13玉と打歩に持ち込まれ、手段に窮したかに見えますが、43龍上が唯一の継続手。龍がソッポに行って指しづらい難手ですが、これに23銀合しかないことが判ると、一気に視界が開けます。その後2度の限定合を交えて細かく攻めをつないでいくと、切れの良い好感度抜群の収束と予想もしなかった詰上りが! 
最後はぜひ盤に並べて、どんな詰上りが現れたのか、ご自分の目で確かめてください。芹○さん絶賛の逸品です。

スマホ詰パラ 2021年7月
No.16995 まつをっぽいよ氏作

16995_202107


34
金、同角、5435玉、46金、同玉、56龍、同玉、
57金 まで9手詰

3手目の金の重ね打ちが、最終手で効果の判る伏線。この主眼手以外はすべて捨駒で構成するなど、9手という短手数で地味な狙いを鮮やかに表現していて、このテーマの見本にしたいような佳品です。

■この日も例会終了後は、無理をせず撤収。帰りの電車の中では、予想通り爆睡でした。

■この日の模様について知りたい方は、例によってhirotsumeshogiさんのブログ、「詰将棋の欠片」ともう一つ、松澤さんのブログ「あーうぃ だにぇっと」もぜひご覧ください。

■ではまた。

| | コメント (0)

2021年8月16日 (月)

No.245 第368回詰工房例会報告

731日(土)詰工房の例会に参加してきました。
参加者:青○裕一、岩○修、馬○原剛、金○清志、小○正浩、芹○修、太○岡甫、利○偉、松○成俊、宮○敦史、田中徹 以上11名(以上敬称略)
※漏れや誤字があったら申し訳ありません。

■利波さんから、添田宗太夫の「象戯秘曲集」を購入。
普通の詰将棋の作品集をイメージしていると、絶対に面食らいます。江戸時代の庶民の暮らしに光を当てた異色の研究書、と言った方が適切ではないかと思えるほどです。また、まえがきの中で「江戸時代の漫画たる将棋秘曲集」と表現しているのも、面白い着眼と思います。
ただサイズが大き目なので、仕舞う場所には困りましたが…(笑)。
コツコツと先人の業績の発掘と再評価に努め、意欲的に自費出版を続ける利波さんに、改めて敬意を表します。

■春霞賞の選考会は15時少し過ぎにスタート。進行役は馬○原さん。
投票の結果候補に残ったのは…、

詰パラ 2021年4月号
デパート2 中村宜幹氏作

香成らせ。それも、往復とも3マスを各駅停車で移動する新機軸の作品です。
詳しくは別稿にてご紹介いたします。

■続いては注目作の紹介。

詰パラ 2021年4月号
幼稚園5 石川和彦氏作

01_202145

12角打、14玉、15金、同銀、23角成、同玉、12角成、14玉、
13馬 まで9手詰

初手12角の重ね打ちと、脱出のお手伝いをするような3手目15金。この複合の手筋が感覚の裏を衝いて、独特の解きにくさがあります。詰棋校で高得点を取るような作品ではないかも知れませんが、印象に残る一局です。

詰パラ 2021年4月号
短大20 関半治氏作

13_2021420

15飛、14桂合、同飛、23玉、13飛成、同玉、25桂、12玉、
24桂、11玉、22飛成、同玉、11角、同玉、14香、13飛合、
33角成、同と、12桂成、同飛、同香成、同玉、13飛、22玉、
33飛成、11玉、12歩、同玉、13龍 まで29手詰

宮田七段をして「詰将棋をやってて良かった」と言わしめた作品。特別なことをやらなくても、出来る事を最大限、最善の形で図化することができれば、評価は付いてくると言うことでしょう。
何も言うことのない完成品です。

詰パラ 2021年4月号
大学 齋藤光寿氏作

16_2021412

43桂成、24歩合、同角生、35桂合、同角、56玉、65銀、67玉、
79桂、同銀生、76銀、56玉、57歩、66玉、44角、57玉、
35角、66玉、67歩、56玉、65銀、67玉、68歩、同銀生、
76馬、78玉、87馬、67玉、76銀、66玉、44角、57玉、
69桂、同銀成、35角、66玉、67歩、56玉、65銀、67玉、
76馬、78玉、79歩、同成銀、87馬、67玉、68歩、66玉、
76馬 まで49手詰

初手43桂成に35桂合なら69桂という手があり、以下、
①同銀(成・生とも)なら35以下詰み。
56玉なら47銀、同桂成、57歩、同銀成、同角以下詰み。
そこで43桂成にはいったん24歩合と打診するのが最善になります。
6手目56玉の局面から、一手ごとに局面が微妙に変化していく様にご注目ください。
・6手目→12手目で玉方68銀が79へ移動。
12手目→20手目で攻方66歩が67へ移動。
10手目→22手目で攻方66歩が消滅。
20手目→38手目で攻方78歩が消え、玉方79銀が69成銀に。
40手目→46手目で69成銀が79へ移動。
切り取る局面によっては、他にも様々な変化が見つかるでしょう。
精緻なパズルであり、極上の逸品です。

スマホ詰パラ 2021年6月
No.16741 himatsume氏作

16741_himatsume202106

32龍、13玉、12龍、24玉、14龍、33玉、44銀、同金、
22銀、同玉、12龍、33玉、32龍、24玉、35銀、同金、
13角、同玉、12龍、24玉、14龍、33玉、25桂、同金、
34龍、22玉、32龍、13玉、15香、同金、14歩、同金、
12龍、24玉、14龍、35玉、45角成、同玉、46
 まで39手詰

初手32龍から龍の回転追いがスタート。最初は時計回りですが、銀を入手すると反時計回りになり、角を入手すると再び時計回りに戻ります。最後は回転の要だった角を捨て、満点の着地。
作例の多い回転追い趣向ですが、本作も記憶に留めておきたい一局です。

■この日も例会終了後は、無理をせず撤収。夜は、町内のパトロールに参加してきました。

■この日の模様について知りたい方は、例によってhirotsumeshogiさんのブログ、「詰将棋の欠片」をご覧ください。

■ではまた。

| | コメント (0)

2021年7月13日 (火)

No.243 第367回詰工房例会報告

620日(日)詰工房の例会に参加してきました。
参加者:會○健大、青○裕一、沖○幸、金○清志、小○正浩、近○郷、芹○修、竹○健一、太○岡甫、松○成俊、宮○敦史、柳○明、田中徹 以上13名(以上敬称略)
※漏れや誤字があったら申し訳ありません。

■近○さんから、地域の活動についての苦労話を伺いました。
コロナのお蔭で満足な活動ができないのは、自分たちもご同様で、しばし互いの悩みを吐露しあいました。“歩いた道にチョーク”というのが印象に残ったエピソードで、我が町内でも参考にさせてもらうかも知れません。
にしても、全く詰棋の話題にならないというのも、いかがなものか()。そう言えば、最近同年代の人と話をすると、健康面の不安ばかりになりがちで、全くもって困ったもんです。

■春霞賞の選考会は15時頃スタート。進行役は會○さん。選考会はスムーズに進行し、投票の結果候補に残ったのは…、

詰パラ 2021年3月号
創棋会3 中村雅哉氏作

驚異の玉方銀の2回転! 詳しくは別稿にて。

■続いては注目作のご紹介。ここではそのうちから4局をピックアップ。

詰パラ 2021年3月号
短大14 芹田修氏作

2021314

35銀、同歩、28香、同と、37銀、同玉、47龍、26玉、
18桂、25玉、14銀生、16玉、17歩、15玉、48馬、24玉、
22飛成、14玉、44龍、同馬、15馬、同玉、16歩、同玉、
26龍 まで25手詰

常に最高の完成度を求め、安易な妥協は絶対にしない。歩1枚の配置にも徹底して拘り、美しく上品に魅せるのが芹田流です。
本作、逆算の難しい収束で、苦労したと作者は仰るが、そんな痕跡は全く見当たらない。洗練の極みです。

詰パラ 2021年3月号
大学院5 相馬康幸氏作 「ツインズ」

202135_

68歩、同玉、69飛、57玉、58歩、同玉、59飛、47玉、
48歩、同玉、49飛、37玉、38歩、27玉、28歩、同玉、
29香、38玉、39飛、47玉、48歩、同玉、49飛左、57玉、
58歩、67玉、68歩、同玉、69飛、58玉、59飛右、47玉、
48歩、37玉、38歩、同玉、39歩、29玉、38歩、同玉、
29銀、48玉、49飛、57玉、58歩、同玉、59飛左、67玉、
68歩、同玉、69香、79玉、66香、88玉、98金、同玉、
99飛、87玉、88歩、同玉、89飛右 まで61手詰

いかにも作者らしい箱庭風の初形から、入玉型の「雲出川の定理」といった趣の手順が展開されます。
六段目と7筋の配置は終局までそのまま(1枚だけ攻方の駒に入れ替わるが)で、かつ攻方の2枚飛車も初形と詰上りで同じ位置にいる。王様だけが67から88へワープしたような、不思議な詰上りが実現します。圧倒的な様式美です。
これで29銀さえ消えていれば…と思うのは欲張り過ぎでしょうか。

スマホ詰パラ 2021年5月
のぞえり氏作 No.16651 「酩酊船」

16651__202105


67桂、同金、46と、同香、54と、同玉、46桂、55玉、
45と、同玉、57桂、同金、36銀、同玉、38香、37歩合、
同香、同玉、38香、27玉、28歩、同馬、同金、同玉、
37角、39玉、19龍、29金合、49と、同玉、29龍、58玉、
68金、47玉、57金、同玉、68と、同玉、59龍、77玉、
76と、同玉、86と、同飛、77銀、同玉、86銀、同玉、
89龍、87銀合、84飛、85歩合、同飛、同玉、87龍、74玉、
75銀63玉、54金、73玉、84龍、72玉、63金、同玉、
74龍、53玉、54龍、62玉、61と、同玉、63龍、62馬、
同龍、同玉、54桂、52玉、53歩、同玉、64銀、同金、
42角、54玉、64角引成、45玉、55馬、34玉、45銀、43玉、
33馬、同玉、64角、35金34金、同金、同銀、24玉、
14と、同玉、25金、13玉、31角生22歩合、14歩、12玉、
22角成、同玉、33銀生、21玉、22歩、12玉、13歩成、同玉、
24金、12玉、11桂成、同玉、21歩成、同玉、32銀生、11玉、
12歩、同玉、23金、11玉、21銀成、同玉、32香成、11玉、
22成香 まで129手詰

序盤、15龍を働かせるまでの10数手がまず一苦労ですが、これ位は序の口。時折合駒を交えつつ、苦心の末下段へと追い込み、72手目62馬移動合を同龍と斬り違えると、一気に玉が広くなり、不詰感が漂います。一見絶望的なこの局面から、巧妙に攻めをつないで91手目、64角の空き王手にあっと驚く35金移動中合! さらに角不成、銀不成まで登場して、奇跡のような一局が収束します。
限定合5回に、移動合2回。終盤の核となる、38香・37角を、序盤でセットしておく逆算も満点で、言うことなし。51手目の飛車の打ち場所が非限定だとしたら、これが唯一の欠点となるでしょうか。
タイトルの「酩酊船」は、「よいどれぶね」と読むのが正しいようですね。

            【詰上り図】

16651___202105


スマホ詰パラ 2021年5月
わかば氏作 No.16706

16706__202105

41角成、同玉、32銀、同玉、24桂、41玉、42銀、同玉、
31角、52玉、41銀、61玉、72銀、62玉、71銀生、同玉、
53角成、82玉、71馬、同玉、72金、同玉、84桂、61玉、
62歩、51玉、52飛、41玉、32飛成、51玉、61歩成、同玉、
72桂成、51玉、62成桂 まで35手詰

左右対称の形から、作意も一部左右対称の手順を含んでいて、視覚効果抜群の初形曲詰。ありがちな収束の乱れもなく、最後まできちんとまとまっていて、床の間に飾っておきたくなる一局です。

■この日も例会終了後は、完徹のため無理せず撤収いたしました。

■この日の模様について知りたい方は、例によってhirotsumeshogiさんのブログ、「詰将棋の欠片」をご覧ください。

■ではまた。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧